ホームページ作成ソフトメニュー

店舗ホームページ作成で必須のページと作り方と作成順

ホームページ作成の順番を間違えると大失敗する!

ホームページ作成ソフトを手に入れ、いざ自分の会社のためにホームページを作成しようとしても、何から!どう!手を付けたら良いのか迷う場合があります。

 

店舗、企業用ホームページで最低限必要なコンテンツサイト構成、また効率があがるページを作成する順番をこのカテゴリーで解説します。

 

ご自身の会社や店舗のホームページを作成する場合に、絶対に欠かせない基本になるページがあるはずです。ビジネスサイトではこの必須のページはだいたい同じ内容になります。

 

これが、ホームページの基本である [トップページを含む6ページ] です。

 

逆に言うと6ページあれば、閲覧者にとって情報漏れがなく、ビジネスサイトとして十分通用できるホームページが作成できると言えます。

 

また6ページ程度の小規模なホームページであればカテゴリーページを作成する事なく、すべてトップページと同じ階層(第一階層)で運用できます。

 

このコンテンツではこのようにビジネスサイトを作成する場合に必要なページをその作成順で解説していきます。初心者さんでしたらこの順番で作成するのが一番ミスが少ないと考えられます。

 

やってみると解りますが、トップページは一番最後に作成するのが正解です!

 

将来ページ数を増やして大規模なサイトとして運営したい場合は、カテゴリーページが必要になります。トップメニューの数には制限があるため、この基本6ページ以外のコンテンツはサイドメニューのカテゴリーページとして運営します。

 

当初[第一階層]に基本6ページをアップロード

ホームページの構成

 

基本になる6ページはホームページの構成で重要なページであり、かつ単独で扱えるページとします。単独で扱えるページとは将来関連したページが発生しないと予想出来る第一階層で運営するページです。言い換えれば、トップページと横並びで運営すると言う事です。

 

先に基本となる「第一階層で運営する6ページ」を作成し、アップロードしておいたほうがSEO的にも有利になります。完成後にカテゴリーページを作り、その中にそれぞれの関連したページを増やしていくと言う順番です。このように初期段階でサイト構成を考えておく必要があります。

 

お勧めのホームページ作成手順

下記リンクの順番が一番お勧めの作業手順です!