シリウス2 お問い合わせフォームが進化した!

シリウス2 お問い合わせフォームが進化した!

お問い合わせフォームの無制限!追加項目

【2024年02月06日バージョンアップ】 シリウス2お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームの項目構成を追加

店舗・企業サイト作成者に朗報

旧バージョンのシリウスでは、そもそもお問い合わせフォームの機能がなく、外部のサービス/システムを使う必要がありました。そしてシリウス2にフルバージョンアップした際に、お問い合わせフォームの機能が新規で追加されましたが、[名前]と [メールアドレス] と [お問い合わせ内容] の最低限の3っの項目構成でした。

 

シリウス2 旧-お問い合わせフォーム (進化前)
旧お問い合わせフォーム仕様
入力欄
  1. [名前]
  2. [メールアドレス]
  3. [お問い合わせ内容]
 
設定内容
  • フォームタイトル
  • 送信画面 【受付完了】
  • 確認画面 【送信ボタン】
  • 自動返信メール
  • プライバシー / ポリシー
  • フリーテキスト
  • 注意事項
 

 

 

 

しかし今回のバージョンアップで項目が追加されました。このリニューアルにより、もう外部のサービスに頼ることなくシリウス2だけでお問い合わせフォームが完結します。この機能はツールバーの「パーツ」から操作可能で、専用の問い合わせフォームサービス並みのフォームが作成できるようになっていて、選択項目を無制限に追加することができます。

 

ニューバージョンアップお問い合わせフォーム

デフォルトの設定 (規定項目)

  • お名前
  • メールアドレス
  • お問い合わせ内容

フォームの追加項目の設定

  • 電話番号
  • 住所
  • 日付
  • 1行テキスト
  • 複数行テキスト
  • 選択項目
    [ラジオボタン]
  •  
  • 選択項目
    [SELECT BOX]

 

ニューバージョンお問い合わせフォームサンプル

 

ニューバージョンお問い合わせフォーム 設定項目

入力画面の設定
  • 基本設定
    フォームのタイトルを自由な文字配列で記述可能でH4で表示します。
    お問い合わせの内容を1列で表示する事もできます。
  • 注意事項
    あらかじめ基本文が用意されていますが、書き換える事が可能です。
  • 個人情報の取り扱い
    プライバシーポリシーがリンクになっています。リンク先のテキストを編集する事も可能です。
  • フリーテキスト
    フォームタイトルの下の行に自由テキストを記述できます。お問い合わせの際の注意事項や案内などが表示可能で行数に制限はありません。送信ボタンをクリックしてもらえるようにサービスなどの確認の記述も有効です。

 

確認画面の設定

「送信内容の確認」の文章はデフォルトで用意されていますが、オリジナルで記述する事ができます。

 

 

送信画面の設定

送信ボタンがクリックされた際に「受付完了」のページが表示されます。この記述もデフォルトからオリジナルの文章に書き換える事ができます。必要に応じて返信する担当者名などに変更してください。

 

 

フォームの基本設定

この設定でお問い合わせフォームの内容(必要事項/行数)を設定します。[必須] 項目設定の是非もそれぞれ選択可能です。なお、[お名前] [メールアドレス] [お問い合わせ内容] は必須項目なので、非表示に設定する事は出来ませんでしたが、[お問い合わせ内容] については [2024年04月21日のバージョアップ] で設定可能になっています。

 

  • [お名前]
  • [メールアドレス]
  • [お問い合わせ内容]
  • [電話番号]
  • [住所]
  • [日付]
  • [1行テキスト]
  • [複数行テキスト]

選択項目-[ラジオボタン]

 

選択項目-[SELECT BOX]

 

このようにリニューアルされたシリウス2のお問い合わせフォームは、有料サービスのフォームに匹敵する機能が追加されました。PHPの知識が不要なので初心者さんでも簡単に作成することができます。企業や店舗のサイトを運営されているシリウス2ユーザーさんは、バージョンアップ後のお問い合わせフォームに更新しておくことをお勧めします。

 

【2024年02月21日バージョンアップ】 シリウス2お問い合わせフォーム

主な仕様変更

お問い合わせ内容の非表示設定

問い合わせフォーム設定時に【お問い合わせ内容】の項目を非表示にできるオプションが追加されました。設置する問い合わせフォームの種類によっては、「お問い合わせ内容」が不要なケースもあり、オプションで追加されたと言う事です。

 

 

 

任意で送信者側に何らかのテキストを入力させたい場合は、「追加項目」で複数行テキストを追加して対応できます。

 

ラジオボタンの設定

問い合わせフォームに入力内容で【選択項目】でラジオボタンを設定で表示させる事ができますが、複数ではなく「1つだけの選択肢」を設定できるように調整されています。利用例としては「プライバシーポリシーに同意する」にチェックを入れないとメール送信が出来ないようにする事が可能になりました。

 

 

この場合、チェックボックスを1つだけ設定して「必須」にすることで、上記のような使い方も出来ます。

 

お問い合わせフォーム設定時のメールアドレスについての注意事項

GmailやYahooメールなどでアルゴリズムの変更があり、メールが非常に届きにくくなっています。そのためお問い合わせフォームのメール設定時は、フォームを設置しているサイトのドメインのメールアドレスの利用がお勧めです。

 

例えば、https://example.com/contact.htmlというページにフォームを設置している場合、info@example.comといったメールアドレスを新たに作成し、そちらをメールアドレスとして設定してください。

 

普段利用しているメールアドレスにもメールを送信したい場合は、BCCの項目に別のメールアドレスを設定するか、取得したメールアドレスから、普段利用するメールアドレスに転送するように設定してください。

 

 

転送設定

 

転送設定に関しては、利用しているサーバーによって異なるため、利用されているサーバーのマニュアルをご確認いただき、サーバー側のサポートまでお問い合わせください。

フリーメールについて

 

GmailやYahooメールなどのフリーメールを設定しているお問い合わせフォームは殆どの場合、メールが正しく届きません。これはSIRIUS2側では対応ができませんので、あらかじめご了承ください。