ホームページ作成ソフトメニュー

外部SEO対策

被リンクについて!

SEO対策を意識した被リンクの種類

外部SEO対策はいかに被リンクを増やすかという自サイト以外に依存するSEOです。本来他のサイトからの自然発生的な被リンクが基本になり、それ以外はグーグルの規約に準拠していない事になります。いわゆるグレーゾーンです。それではグレーゾーン被リンクの種類を挙げてみます。

  • △自作自演被リンク

    自分自身が運営するホームページからの一方向リンク。

  • △相互リンク

    相互リンク集サイトなどに登録して被リンクさせる行為。

  • △サテライトサイトの量産

    自社関連サイトからメインサイトへの被リンク。

  • コメント廻り

    ブログサイトでのURL書き込みによる被リンク。

  • トラックバックの利用

    現在被リンクとしての効果なし。

  • ×被リンク自体の購入。
  • ソーシャルブックマークへの登録。
  • サイト、ブログランキングへの登録。

 

現在有効な被リンクであっても、リンクの設置の方法によっては、グーグルの規約にひっかかり、ペナルティーの可能性もでてくる事もあります。上記には完全に黒であるものもありますが、一見黒にみえても、それに当たらない場合もでてきます。

 

何が良くて、何が悪いのか、自分の判断力とリンクの方法にもかかわってきます。グーグルの警戒する、テクニカルリンクに該当するかの判断力が必要です。

 

自作自演リンクは完全に黒か?

サイト同士に関連性がある場合

本来グーグルは故意的、SEO戦略としての相互リンク、自作自演リンクを嫌います。前のコンテンツでも書きましたが、これらはSEO上のテクニカルなリンクとみなすという事です。

 

自作自演の被リンクですが、これは自分が所有しているホームページ同士を相互リンク、または一方リンクする事です。これはSEO対策として、白か黒、どちらにあたると思いますか?

 

例えば私の場合ですが、この今ご覧頂いているホームページは、ホームページ作成ソフトをご紹介しています。このホームページとは別の、私が所有するレンタルサーバーを紹介すホームページと相互リンクしたとします。

 

またはHTMLやCSSについて解説されたホームページでもいいです。一見これは自作自演のリンクとして見られそうですが、ホームページを閲覧して頂いたお客様にとっては、どうでしょう?

 

この場合、閲覧者さんに対して目障りで迷惑なリンクになるのかと言う事が問題になります。

 

しっかりとした有益なコンテンツが書かれているならば、お客様は便利なはずです。上記の場合、まずホームページ同士に(ホームページ作成)という関連性があります。

 

仮に初心者の方で、ホームページ作成ソフトを探しているのであれば、レンタルサーバーの詳しい比較やサーバー会社選択の方法など、またはHTML等の知識は必要です。

 

なので、これらの情報のリンクは、理にかなっていてお客様にとって有益であると言えます。これは限りなく白に近いグレーであると思いますし、そうでないと私は困ります。

 

なので必要に応じてお客様、閲覧者のために必然的にされた相互リンクは、自作ではあるが自演ではないという事です。これをテクニカルなESEOや発リンク過多、とみなされて、グーグルにペナルティを受けるなら、ホームページ作者によっては困った事態も起きるからです。

 

ホームページ同士に関連性がない場合

例えば私は、中小企業やSOHO、個人事業主様にホームページの作成サービスをしています。そのホームページの中で、当然自分が作成したホームページを作成実績として載せるわけですね。

 

お客様はその私が作成したホームページの実績を見て、私に依頼するかどうか判断します。

 

なので、私のホームページでは、自分の作成実績にリンクさせます。しかしこれは作成させて頂いたお客様のホームページと、私のホームページは何の関連性もありません。

 

これが自作自演で、テクニカルなリンクで、グーグルから制裁を受ける理由になるでしょうか?私などは個人経営で実績は少ないですが、これが規模の大きいホームページ作成会社となると、数百件もの作成実績があり、このような多く会社がすべて制裁を受ける事になります。

 

なのでこのような場合では「発リンク過剰」であると判断されていないと言うことです。これらのリンクは故意ではありますが、悪意はないです。実際被リンクより発リンクの方が、はるかに多くてもページランクが高いサイトはいくらでもあります。

 

要する何が黒になるのか

悪い例

例えばですが被リンク効果を期待して、内容が薄く、意味の無いペラペラサイトを大量作成し、メインサイトに一方リンクを送りまくる。これはあきらかにテクニカルな行為です。

 

または無料ブログのアカウントをとりまくり、更新されていないそれらのブログから、発リンクしまくってもそのSEO効果は期待できないでしょう。グーグルは前述のような必然的な相互リンクは許していますが、「テクニカルリンクは見抜いています」って事です。

 

最終的には悪意があったかどうかです。その悪意というのは、閲覧者に有益でない、またリンクする事だけを目的にする意味の無いホームページや被リンクであると言う事です。

 

このような白黒や善悪の事を考え、試行錯誤に時間をつかうくらいなら、有益なコンテンツの制作に励むほうがよほど建設的ですよね。

 

もし、自サイトでの被リンクネットワークを構築するために、ホームページを量産するのであれば、良質なコンテンツでそれらのホームページを充実させなければいけないという事になります。

 

良いサイト

仮に被リンクSEO対策の知識が無く、その対策を施さないとします。でも本当に閲覧者の悩みを解決し有益なホームページであるならば、検索エンジンで安定して上位表示されるはずです。

 

そのようなホームページは、当然ネット上で人気が出るでしょうし、閲覧時間も長くなります。そしてお気に入りにも登録されますし、再訪問もしてもらえます。また自然発生的に、被リンクも増えるでしょう。これが理想なのですね。

 

さらに良いホームページはコンテンツ量も多いですし、ページ数も増えてきます。そうしますと、いろんなページに被リンクが貼られる可能性が高いわけです。トップページだけではなく下層ページも被リンクされるという事です。

 

逆にSEOを気にしてブログ運営や相互リンクなどに登録する時、心情として、どうしてもトップページにリンクさせる傾向が見られます。あなたもそうしていませんか?

 

でもこれはグーグルの検索エンジンからすると不自然であると捉えます。

 

トップページにばかりリンクが集まる事が、即ペナルティにはなりませんが、まず疑われます。このような「疑う」というファジーな事もグーグルのアルゴリズムはやってのけます。

 

リンクのされ方が「自然」でなければならないのです。正しい方法でホームページを作成すれば、SEO対策というものは、意識しなくてもあとから自然についてくるものなのです。目的と手段を誤って無駄な時間を浪費しないようにしましょう。

 

正しいSEOには価値がある

ホームページ作成の基本条件

SEO対策はまず良質なコンテンツを数多く作ることが本質です。「上位表示させたい」と言う過剰な欲求で、本筋をはずしてはいけません。一番の早道は近道を考えない事です。

 

「良質なコンテンツSEO」これが近道ですが、やはり欲は捨て切れません 。少しでも検索上位に掲載されたいというのが、サイト作成者の本能です。商売をしているのですから当たり前です。

 

それではグーグルの規約に違反しない正しいSEO対策を考えていきましょう。

  • 正しいキーワードと市場調査。
  • 読者目線のコンテンツを作成する。
  • ページの追加で規模の大きいサイトを目指す。
  • 閲覧者が使いやすく、サイト構成が解りやすいホームページにする。
  • 良いサイトの特性を考慮(マネ)してSEO対策していく。
  • リンク購入などと判断されることは絶対にしない。
  • 無料ブログの運営でリンクさせ直接的なアクセスを狙う。
  • グレーであっても限りなく白に近いグレーであるようにする。

これらが基本になります。

 

良いホームページは必ず上位表示されるのか?

コンテンツがしっかりしていて、有益な情報が満載されたホームページがあるとします。利用者の悩みも解りやすく解説され、ユーザビリティにもすぐれたサイトで、内容的にはグーグルが好む趣向のサイトです。それではこのホームページは公開すれば必ず検索上位を維持できるでしょうか?

 

検索エンジンで上位表示される条件で、クリック数が多ければ有利、と思われている方が多いと思いますが、それは違います。

 

クリック数が多くても、直帰率が高いサイトであればグーグルは、利用者に必要のないサイトであると判断します。仮に上位表示されたとしても、すぐに順位を落としてしまいます。

 

直帰率が解析で重要な指標
閲覧時の利用者の行動

直帰率が低いと言う事は、始めに開いたページからすぐ他のホームページに飛ぶ事なく、そのホームページ内に留まる率が高いという事です。これは閲覧時間が長く、色々なページが満遍なく閲覧されているという事を意味します。

 

もし仮にあなたが、鉄道模型に興味があり、グーグル検索をしたとします。おそらく検索順位上位から見ていく事になりますが、、、

 

その検索結果が、鉄道の写真集、あるいは鉄道の歴史、単に鉄道の動画、などなら興味ないですよね。鉄道に興味があっても、あなたが今知りたいのは、「鉄道模型」・・・についてです。

 

いくらその鉄道の写真集、歴史、動画、がすばらしいホームページであったとしても、今すぐ知りたい「鉄道模型」の情報が掲載されていなければ、、、、

 

すぐ画面を閉じてしまいますよね?

 

それらのすばらしいホームページは良いホームページであるにもかかわらず、またグーグルに好かれるコンテンツでありながらも、一番重要なキーワードが適切でないために、直帰率が高くなってしまうわけです。検索者の意図キーワードがずれていると言えます。

 

直帰率と当然平均閲覧時間

直帰率が高いと言う事は、当然平均閲覧時間も短くなり、ある人にとっては、よいサイトであっても、検索エンジンには否定されてしまう事になります。

 

あなたのホームページはタイトルキーワードとコンテンツが一致していますか?、「花のサイト」ならば、花を売っているのか、生け方なのか、宅配なのか、押し花なのか、食用花なのか?をはっきりキーワードで示さなければいけません。

 

このようにSEOの第一歩は、ニーズに合ったキーワード、タイトルをしっかり選定する事が先決であり、これができていないと、今後どんな施策を施しても検索上位には表示されません。もちろん閲覧者さんからの反応は皆無だと考えてください。

 

それともう一点、地域性が高いホームページについて考えて見ます。

 

店舗などのホームページで、営業場所から半径20km圏内でご商売されている場合は、キーワードを地域で絞る必要があります。業種の特徴やアピールポイントだけをキーワードとし、全国ネットで勝負しても、競争相手が増えるだけだという事です。

 

例えば個人経営のガソリンスタンドのホームページならば、東京から大阪にわざわざガソリンを入れにくる人はいませんから、キーワードを地域名で完全に絞らなければいけません。

 

このような場合では、検索者さんが複合キーワードで地名を記述する確立がかなり高いって事です。なので、店の特性に合わせ、地名(都道府県/市町村名)、駅名(沿線名)、バス停名、などを巧みにキーワードを散りばめ、検索者さんを捉まえることです。

 

結論として、SEO対策で最も重要なのは、ホームページに合ったタイトルとキーワードであり、ココで滑ると、あと何をしてもSEO対策にはならないと言う事です。

 

要するに上記のような対策がきちんと出来ていないと、おのずと自然発生的な被リンクも発生しないという事になります。このような事から、外部SEOでの被リンク獲得のための対策は、ホームページのタイトルを決める時点からすでに始まっていると考えなければいけません。

 

そのためのキーワードツール等は色々ありますが、やはり検索者(グーグル利用者)の気持ちになって、「自分なら検索窓に何を打ち込むか」を考えて、実際色々検索してみるのが一番だと思います。またグーグル検索を普段から使い慣れておく事は必須です。

 

人間化!グーグルの知能

当サイトでご紹介している作成ソフトシリウスのように、被リンクについて自動化されている機能があります。その機能も作成者自身が被リンクについての知識を持った上で使った方が良いです。

 

良質なホームページが被リンクを受けるとき、どのようなリンクのされ方をするかを考えてください。自然に被リンクが増えていく様子を想像するって事です。

 

ホームページの立ち上げ直後にイキナリ被リンクが10本付くなどという事はありえないですよね?また、全く被リンクが付かない月があると思えば、ある月は20本とか・・・

 

自然発生被リンクでは、このような不自然な被リンクの付き方ではなく、ある一定のリズムみたいなものが存在します。グーグルのアルゴリズムはこのように被リンクされる数とタイミングを監視しています。またアルゴリズムは次のような事もやってのけます。

 

グーグルの人工知能・・・「揺さぶり」

 

検索順位が下がると、被リンク数がふえる。これは作為的であると疑われる。

 

怪しいホームページがあるとグーグルはワザと順位を落として、ホームページ作成者の様子をみているのです。日本の警察では禁止されている[おとり捜査]みたいなもので、順位下落後に著しく被リンクが増えていないかを観察していると言う事です。

 

このようなアルゴリズムによる悪質サイトの取り締まりの技術は特許をとっています。

 

なので、すでにお伝えした通り、作成ソフトシリウスの全自動被リンクSEO機能は大変便利なのですが、適度に、あせらず、少しずつ、慎重に、上限を決めて、作業る必要があります。

 

「上限を決めて」というのは、いくらナチュラルな被リンクを装っても、絶対数というボーダーは決まっています。例えば、10ページぐらいの薄いホームページに、ページランクの高いホームページからの被リンクが、100も200もある事自体が普通に考えておかしい事ですよね。

 

ホームページ作成ソフトのSEO自動化は、、、
ありえない事とかもやってしまいがちなので、自制心をお忘れなく。

 

作成ソフトシリウスの被リンク操作画面では、作業上このあたりの注意をうながしてくれるのですが、やはりソフトを使うのはあなたなので、ソフトに使われないようにして下さい。

 

グーグルのペナルティ解除の方法

@ 悪質な場合

グーグルのクローラーが悪意のある被リンクを見破った場合、2通りのペナルティの方法があると思って頂いて結構です。重大であるか軽微なものであるかという判断をしています。

 

グーグルも人の子で、なにも怪しいものは圏外即抹殺という事ではありません。例えば道路交通法で言うなら、「自転車の二人乗り」と、「交通事故で車のひき逃げ」を区別というふうに、悪質度を監視するシステムになっているという事です。

 

そのグーグルの規約違反に対する悪質の程度は、クローラーがアルゴリズムの能力で、サイトを判定しています。どのような事が悪質に値するのか検討します。

 

完全にひき逃げに匹敵するような、悪質な被リンクであると判断された場合は、その場でグーグル関係者の目にとまる事なく、キャッシュを削除されインデックス自体がなくなってしまいます。存在しないホームページになる訳です。検索してもまったく表示されません。

 

俗に言う圏外スッ飛ばしです。

 

これは前もっての警告や通知は一切なしで実行されます。2013年の2月から5月の間でこの処置を受けたホームページは1,000から2,000と報告されています。そのうち完全復帰できたサイトは30%程度です。

 

当然不正の手段で得た順位なので、元の順位に戻っているホームページは、残念ながらほとんどないという事です・・・・

  • リンクを購入している
  • リンクが購入できるサイトを紹介している
  • フィッシングサイト
  • 詐欺サイト
この処置で検索圏内に復帰する方法

サーチコンソールというサービスに登録している必要があります。もともとSEOを最適化するための大切なツールなので、詳しくはこの後のコンテンツでご説明します。

 

サーチコンソールで再審査請求という項目があります。そこでグーグルに対して検索圏内復帰(ペナルティ解除)の手続きが必要になります。しかし言い訳や弁解は通用しないようですね。
[再審査リクエスト送信]必要記入事項

  • 自分が悪かった事、グーグルに迷惑を掛けた事をまず素直に謝罪する。
  • なにが悪かったのかをまとめて報告する。
  • その内容をどのように修正していくのかまとめる。
  • 今後検索エンジンに対しどのような姿勢で対応していくかアピールする。
  • ガイドライン規約を読み直し、認識を新たにした事をわかってもらう。

このリクエストはグーグルスタッフの目によって確認され、判断されます。ただ単に「修正しました」だけでは、復帰はないと思って下さい。誠意がないとまず無理です。

 

またこのような事態になったらウェブマスターヘルプフォーラムをご覧になると参考になります。またガイドラインも一度目を通しておいてはいかがですか。

 

グーグルガイドライン

ウェブマスター向けガイドライン

ヘルプフォーラム

ウェブマスターヘルプフォーラム

 

A 悪質でない場合

サーチコンソールに登録していれば、警告の通知が来ます。アルゴリズムが、軽微な規約違反に抵触すると判断するとそのホームページをグーグルのスタッフの手に渡し、判断を委ねます。

 

この場合の対処方法

もう一度規約を読み直し、サイトを改善する必要があります。警告の通知があった時点で修正すればOKです。

 

これらの処置はグーグルのシステムを無料で使用している以上仕方ないですし、グーグルにしてみれば会社の死活問題になるわけですから当然なのですね。また悪質サイトの取り締まりは、スポンサー(広告主)に対するサービスのひとつになっているのです。