ホームページ作成ソフトメニュー

脅威のグーグルアルゴリズム

SEO対策の目標はコンバージョン

ホームページの運営では店舗、企業サイトなら「お問い合わせ数」、物販サイト/アフィリエイトサイトでは売り上げ本数、などいわゆるコンバージョンが最終的な成果であり目的です。

 

コンバージョン数
  • 店舗、企業サイト

    収益 = 訪問数×(お問い合わせページクリック率×送信率×商品単価×成約率)

  • 物販サイト/アフィリエイトサイト

    収益 = 訪問数×コンバージョン率[成約率] ×商品単価

この計算式はすべて掛け算なので、一項でも [0] なら、結果は [0] です。

 

サイト運営ではいかにユーザーがホームページから自分の店にコンタクトして頂けるかが最終目標です。ライティングスキルや商品の見せ方が重要になるのは当然ですが、コンタクトして頂くまでの誘導方法のテクニックもお問い合わせ率を大きく左右する要因になります。

 

上記の公式のように、ホームページからのお問い合わせの数は、上位表示するほど2次曲線で増加するため、初心者さんにとって、SEO対策の基本を習得する事が最初に乗り越える壁になります。

 

Google検索順位別クリック率データ

クリック率

 

当コンテンツではSEOの基本と、自分のホームページ運営での経験で解説します。実はSEOの基本理論は至って簡単で単純明快な技術であり、「ユーザービリティ」を突き詰める対策になります。

 

まずグーグルを知る

グーグルのキャッシュポイント

 

SEO対策を考える前にグーグルという会社自体がどのようなものか整理してみます。あなたはグーグルに対して、検索エンジンを利用する事で、その使用料を支払った覚えはないですよね。グーグル社はサーチエンジンを中心とした会社で、利益のほとんどが広告収入によるものです。

 

  • アドワーズ・・・キーワードに関連した広告の掲載
  • アドセンス・・・サイトに直接関連した広告の掲載

 

グーグル利用者は自分の欲しい情報に簡単にたどり着ける。企業はピンポイントでの広告を掲載可能で、熱い集客ができる。

 

このお互いのWINWINの関係を保つ事で、グーグルは成り立っているのですが、グーグルにしてみれば、利用者に対してより良いサービスを提供するために、より内容のある有益なサイトを上位に表示させる必要があるわけです。

 

それがグーグルの収益UPにつながるからです。逆に見るとグーグルと言う会社の経営の根幹が、人気ホームページを装っただけの内容の薄いサイトの排除にあるといえます。

 

黒いホームページの排除

あたりまえですが、利用者にとっても有益でないサイトが、検索上位に表示されては不便ですし、検索エンジンの意味がなくなります。なのでサイト作成者は、良質サイトであることをグーグルに対してアピールするためにあらゆるSEO対策をほどこします。

 

グーグルはそのホームページ作成者がほどこしたSEO対策が、「白か黒」か判断するために、検索エンジンをアップデートし、進化させています。より正確に良質サイトであるかどうかの判断力をアルゴリズムの強化によって日々アップさせています。

 

サイト作成者が故意にガイドラインを大幅に無視したSEO対策を施した場合、その制作者のサイトは大きく順位が下がります。グーグルにとっては会社の収益を揺るがす事になるからです。

 

グーグルはこのような黒いサイトに当然制裁を与えます。

 

これがペナルティです。初心者さんにとって怖いのは、このような悪い事をするという意識がなくてもSEO対策の知識不足で、ペナルティを受けるる可能性があると言う事です。

 

被リンクについて

ページランクとリンク

グーグルはホームページのクオリティの評価において、サーチ(サイトの判断)するという作業を、数百種類のアルゴリズムで行っています。そしてホームページ内のそれぞれのページを評価するためにページランクという基準を設けて、そのページの価値を位置付けています。

 

グーグル創設者の一人ラリーページが開発した技術で、その特長のひとつに「他のサイトからのリンクを [投票] としてサイトをランク付けする」と言う事があげられます。

 

また「質の高いサイトから被リンクを受けているサイトは、良いサイトであり、みんなが必要とする有益なサイトである。だから、上位表示する」というのがグーグルの基本的な概念です。

 

※ ローレンス・エドワード・ラリー・ペイジ(GoogleのCEO最高経営責任者)

 

被リンクの基本ルール

あるホームページから他のホームページへリンクすると、発リンクしたホームページ自体の持つ信用度や権威力(グーグルジュース)を被リンクされた側が受け取る事ができます。。

 

グーグルジュース・・そのサイトの持つ価値の量
  • 発リンク側・・・グーグルジュースを放出する
  • 被リンク側・・・グーグルジュースを受け取る

ひとつのホームページが持っているグーグルジュースの量はサイトの価値の大きさによって決まっています。これは発リンクの効果の絶対量が決まっていて、そのジュースの絶対量はページ評価が高いほど大きくなります。

 

なので、1つのホームページからの発リンク数が多ければ多いほど、発リンク側(受ける側からは被リンク)の評価値が下がります。これはページランクの高いホームページでも発リンクが多いと、一つあたりの発リンクの価値が下がり一票の価値が低くなるって事です。

 

発リンク数はジュースの受け渡しですが、発リンクが多いからと言って自分のサイトのジュースの量が減り、サイトの価値が下がると言う事はありません。

 

このようにホームページをひとつの作品とすると、グーグルから評価として点数が付けられ、それに見合ったジュースをサイトが持つ事になります。他のサイトから被リンクとして、このジュースの一部をもらう事がSEO対策になるという事です。これを被リンクによる外部SEOと言います。

 

グーグルアルゴリズムの歴史

SEO対策での制裁の基準、何が白で何が黒なのか

 

ホームページ作成者は、この進化するグーグルアルゴリズムというロボットから高評価を受けるために日々ホームページを更新していく事になります。。この検索ロボットはどのような進化をとげ、現時点でいかに優秀かを理解しておきましょう。

 

2000年前後

グーグル以前のサーチエンジンは、コンテンツの質と、トラフィック量のみを評価していました。被リンクが重要であるという考え方は、グーグルの考え方です。実はまだこの頃、SEO業界の歴史自体が浅く、しっかりとした被リンクの管理システムや、品質管理のシステムは存在しません。

 

2009年

セマンティック技術・・・日本語の解読!

 

情報の意味や関連性をコンピュータに理解させた上で、何らかの情報処理をコンピュータにさせる技術。検索エンジンで検索結果の一部として、Webページの要約文(リンク下の説明文)が表示されますが、これも一部はセマンティック技術で成り立っています。

 

アルゴリズムが言語を理解し始めたって事です。

 

また、検索窓に打ち込まれたキーワードと、その言語の関連性や概念を理解して、そのキーワードの意図している意味を考慮させた上で、検索結果に反映させる事ができるようになりました。

 

これは世界37の言語に対応しているため、グーグルの正式な発表こそはないが、このあたりから、グーグルの検索エンジンは日本語を理解していると考えられます。

 

2011年前半

パンダ・アップデート発動

 

「パンダアップデート」低品質なコンテンツを排除する動きが生まれる。
(この時点ではまだ日本 [日本語] は無視されていたらしい?)

 

2011年6月

ついに正式発表・・・と言ってもいいと思います。何をかと言いますと「日本語の同義語認識システムに関する改善をした」と発表。

 

という事は、その時点でグーグルのシステムが日本語を完全にマスターしたと考えて下さい。そのシステムが完全にアルゴリズムに組み込まれたと言う事です。

 

2012年4月

ペンギンアップデート発動
Googleのガイドラインに違反して故意に順位上昇させようとしているサイトの排除。

 

2013年2月

2世代パンダアップデート発動
パンダアップデートは頻繁に修正されていますが、大きな順位変動のあった例で記述しています。

 

パンダ・アップデートとは、コンテンツ評価アルゴリズムです。つまり、ホームページのコンテンツで質の低いものの検索順位を急落させたり、インデックス削除をして、検索結果から抹消してしまうアルゴリズムだという事です。その具体的内容を挙げてみます。

  • 「他のサイトのコンテンツをコピーしただけの役に立たないホームページやユーザにとって価値のないサイトなど低品質なホームページの順位を下げる」
  • 「調査・研究結果、詳細レポート、思慮深い分析などのオリジナル性のあるサイトの順位を向上させる」

というものです。

 

2013年5月

ペンギン2世代仕様発動
アルゴリズム自体を大幅に変更

 

人工的な被リンクやキーワードの乱用、などウェブスパムに対向するための検索アルゴリズムを導入。もうこの時点でSEO対策が作為的、人為的である事を誤魔化せなくなり、こうしたホームページは検索順位が下がる事から逃げられない状態であると言えます。

 

ペナルティや順位が下がる可能性のあるサイト一覧
  • SEOをテクニカルに過剰施工(被リンク)したホームページ。
  • 他のサイトからデータ(ニュースなど)を持ってきて並べ変えただけのホームページ。
  • 他サイトのコンテンツをかき集めて加工しただけの意味のないホームページ。
  • 検索利用者にとって意味のないリンク集。
  • SEOリンク構築だけが目的のブログのネットワーク。
  • 有料の被リンクを購入しているサイト。
  • 同一テンプレートで作ったサイト。(大量発生のみ!)
  • 相互リンクサービスに登録しているサイト。(過剰登録)

アルゴリズムは被リンク元のホームページ(自サイトに発リンクしてくれているホームページ)の質とアンカーテキストを含む前後の文章が、どれだけリンク先のコンテンツと関連性があるかどうか、ということも考慮しています。

 

語源
ホームページが黒か白である・・・と言う事を白黒のパンダに例えて
パンダアップデート
白黒のパンダの次は同じく白黒のペンギンに例えて
ペンギンアップデート

 

ここまでをまとめると、外部SEOとしての被リンクは、検索上位表示させるのに効果的であるが、自作自演や購入被リンクは通用しない。被リンクは自然発生的でないと効果は無く、人為的な被リンクを施したホームページは排除する。つまりペナルティが与えられるという事です。

 

2015年4月

モバイルフレンドリーアップデート

 

スマホが爆発的に普及して、携帯端末での表示性能が良いホームページは、ユーザビリティに優れるとして、検索結果のリンクの横に「スマホ対応」と言う黄色のマークが表示されるようになりました。私の記憶では上位表示されるサイトは「スマホ対応」のマーク付きで独占されていました。

 

現在では携帯端末に適合しているのは当たり前なので、その「適合表示」も、いつのまにか無くなってしまったという感覚です。そもそもスマホに対応していないホームページは検索で上位表示されなくなったので自然な流れなのですが、まさにラットレースそのものです。

 

逆にスマホに最適化されていないホームページは、新たに追加されたアルゴリズムにより評価を下げます。この頃Webデザイナーは争うようにスマホ用サイトを作成されていたはずです。

 

また、この時期くらいからスマホサイトを作成しなくても、CSSでPCサイトをスマホに対応させるレスポンシブウェブという言葉を聞くようになりました。

 

2017年1月

インタースティシャルアップデート

 

スマホの画面は当然PCより小さいです!なので、スマホの画面に広告を出す場合、その広告の占める範囲が大きいホームページは閲覧しにくいので検索順位を落とします

 

っと言うアルゴリズムが追加されました。

  • スマホの画面中央にホップアップする広告
  • クリックしないと消えない広告
  • 画面に占める割合が著しく大きい広告
  • その他サイトの閲覧を妨げる広告

ここまでのアルゴリズムの変遷で共通している事を要約すると、ユーザビリティに欠けるホームページそのものが、グーグルという検索エンジンの会社の信頼を落とす行為と見なされ、すべてアウトって事になります。

 

逆に考えれば、グーグルに準拠したホームページで、閲覧者さんが使いやすく、見やすく、解りやすいホームページ作成を心がければ上位表示は約束されるという事ですね。

 

2019年7月

モバイルファーストインデックス

 

携帯端末ユーザー数がパソコンユーザー数を上回った結果、ホームページの評価を判断するためのクローラーの通り道を、PCサイトページからスマホサイトページに切り替えると言う事です。

 

このモバイルファーストインデックスにより、今までとは異なり「スマホのページ」を中心にホームページは評価され、インデックスされるため、PC版ホームページのコンテンツは、すべてスマホページにも表示させた方がSEO上有利である事になります。

 

今までのように、スマホの画面特性やコンテンツの内容によっては、PCサイトには存在して、スマホサイトには存在しないページがあるのが普通だと考えられていた事が覆された事になります。

 

インデックスがスマホ中心になったわけですが、モバイルファーストだと言う事で、スマホサイトに無いページがグーグルにインデックスされないわけではありません。PC版では別クローラーが回っているので、一応インデックスはされます。

 

しかし、モバイルファーストである以上、スマホに「全コンテンツ」を出力させて、スマホ中心にホームページ作成をするよう心掛けた方が良いであろうと私は解釈しています。

 

そして話はややこしいですが、実はモバイルファーストインデックスになって、ホームページ作成が楽になったと思ってらっしゃる方も多いはずなのです。

 

レスポンシブウェブの利用が最善になるからです。

 

なぜかと申しますとレスポンシブウェブなら、PCサイトを作成するだけで、CSSがスマホサイトを自動で出力してしまうからです。ホームページ作成上、コンテンツ内容でスマホ用、PC用という出し分けを考慮する必要がなくなって作業がシンプルになります。

 

私は現在レスポンシブウェブで全ホームページを作成しています。

 

グーグルは以前、本来別のシステムで存在していたPC用とスマホ用の2っのクローラーを一本化していく旨のコメントを正式に発表しています。グーグルがモバイルファーストインデックスの施行直前に、レスポンシブウェブを推奨していたのはこのためだと考えられます。

 

2020年5月4日

コアアルゴリズムアップデート発動

 

コアアップデート

検索アルゴリズムとシステムに重要かつ大規模な変更を加えたアップデート

 

グーグルは年に5〜6回コアアップデートを実施しています。実は順位に変動が見られなくても細かいアップデートは毎日実施されています。2020年5月のアップデートの特徴は検索順位に大幅な変動があったことです。このアップデートへの対応は下記に解説していますのでご覧ください

 

YMYL[Your Money or Your Life]領域の強化

医療、健康、美容、金融、就職情報の正確性や専門性がより重視される

 

このアップデートでは「人生」に大きく関わるコンテンツを扱うホームページに対して検索順位で大幅な変動がありました。上記のようなカテゴリーで重要視されたのが「ホームページ作成者」「執筆者の信頼性」です。例えばですが、ある病気に関して誰かにアドバイスを受けるとします。

 

あなたは医者のアドバイスと友達の意見のどちらを信頼するかということです。

 

ホームページ上でもこのように執筆者の信頼性が問われ、誰がその記事を書いたのかが重要視されるようになりました。コンテンツの執筆者の権威があるかが重要になると言う事です。

 

もう一つ例を挙げますと、化粧品や健康食品、金融、などでも購入者が実際の使用感、実績などを記事にしても、何らかに裏付けされた信頼性のある根拠がなければ、その記事自体に信頼性が高いとグーグルに判断してもらえないということです。

 

以上のようなアップデートですが、それでは順位が下がったホームページの改善をどのようにしていくかと言う事になります。これはグーグルの発表した記事を箇条書きでまとめておきます。

 

ウェブマスター向け公式ブログ
Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報

  • ホームページに問題がなくても、コアアップデートでパフォーマンスが低下し順位が下がることがある。
  • 順位が下がったホームページがウェブマスター向けガイドラインに違反したわけでも、手動またはアルゴリズムによって違反に対する対策が取られたわけでもない。
  • 特定のページやサイトを対象とした変更はない。
  • 逆にアップデートにより、過小評価されていたページのパフォーマンス向上も見込めるようになりる。
  • コアアップデート後にページの掲載順位が下がったとしても、そのページに修正すべき問題があるとは限らない。
  • 掲載順位が下がった場合は、何か対策をする必要があると感じるかもしれませんが、できるだけ優れたコンテンツの提供に集中することをおすすめる。

 

例え検索順位が下がった場合でも、まったく修正の必要がないことも公表しています。

 

上記のグーグルの見解のように今回のアップデートで順位を下げたホームページの制作者は、今まで通りグーグルのガイドラインに沿った対策をいつもの通りやっておけば良いと言うことです。

 

このコンテンツのカテゴリーページトップにグーグルのウエブマスター向けガイドラインPDFでダウンロードできるようにしていますのでご活用ください。

 

レスポンシブウェブ対応!

 

グーグル最適化最速ソフト!