原点に戻る正しいSEO

無料ツールソフトの使い方ホームページの作り方Hpで集客する方法グーグルサービス
 
初めてのHP作成の動画高齢者のホームページの作り方よくある質問
 

脅威のグーグルアルゴリズム

ユーザビリティがNo1!

販売サイトもアフィリエイトサイトも売り上げの公式は、
閲覧者数×(販売ページクリック率×購入率×商品単価)
になりますが、絶対的に閲覧者数が [0] では、何を掛けても [0] です。

 

物販ではあまりキラーページというものがないのでライティングスキル、
または商品の見せ方が重要になりますし、アフィリエイトサイト
などは販売ページや、その誘導方法などのテクニックも購入率を大きく
左右するので重要になります。

 

しかし上記の公式から、PPCなどの広告に頼るのでなければ、
ホームページの質が同じなら、ホームページの売り上げは上位表示にほぼ比例し、
SEO対策がまず一番の乗り越える壁です。

 

そのようなテクニックを書いたホームページはいくらでもあるので、
この当ホームページでは基本に戻った話と、自分の経験をかきます。

 

初心者さんであればだいたいSEOとはなんぞや、、って言う事が
わかると思いますし、実は単純で考えようによっては簡単な話になります。

 

結論から言いますとSEO対策は、
「ユーザービリティ」を突き詰める対策になります。

 

イコール・・・欲を捨てる事です?

 

グーグル

SEOを考える前にグーグルという会社自体がどのようなものか整理してみます。
まずグーグルに対して、その検索エンジンを使う事で使用料を支払った覚えはないですよね。

 

グーグル社はサーチエンジンを中心としたネットサービスの会社で
利益のほとんどが広告によるものです。

 

アドワーズ・・・キーワードに関連した広告の掲載、、
アドセンス・・・サイトに直接関連した広告の掲載、、

 

グーグル利用者は自分の欲しい情報に簡単にたどり着ける。
企業はピンポイントでの広告を掲載可能で、熱い集客ができる。

 

このお互いのWINWINの関係を保つ事で、グーグルは成り立っているのですが、
グーグルにしてみれば、利用者に対してより良いサービスを提供するために、
より内容のある有益なサイトを上位に表示させる必要があるわけです。

 

それがグーグルの収益UPと安定につながるからです。
逆に言うと会社の経営の根幹が、人気ホームページを装っただけの内容の薄い、
欺サイトの排除にあるといえます。

 

黒いホームページの排除!

 

あたりまえですが、利用者にとっても有益でないサイトが、検索上位に表示
されては不便ですし、検索エンジンの意味がなくなりますよね!

 

サイト製作者は、良質サイトであることをアピールするためにSEO対策をほどこし、
検索上位表示をめざします。

 

グーグルはそのホームページ作成者がほどこしたSEO対策が、白か黒か判断するために、
検索エンジンをアップデートし、進化させ、より正確に良質サイトであるかどうかの
判断力をアップさせています。

 

間違ったSEO対策しかできないサイト作成者が、このイタチゴッコに
毎回ひどい目にあわされている事になるのですが・・・これは当たり前ですよね!
グーグルにとっては会社を揺るがす犯罪者になるのですから。

 

グーグルはこのような黒いサイトに当然制裁を与えます。

 

被リンクについて

ページランク

 

グーグルは検索において、サーチ(サイトの判断)するという作業を、
ページランクという技術を使っています。

 

グーグル創設者の一人ラリーページが開発した技術で、その特長のひとつに
「他のサイトからのリンクを [投票] としてサイトをランク付けする」
と言う事があげられます。

 

また「質の高いサイトから被リンクを受けているサイトは、良いサイトであり、
みんなが必要とする有益なサイトである。だから、上位表示する」
というのがグーグルの基本的な概念です。

 

※ ローレンス・エドワード・ラリー・ペイジ(GoogleのCEO最高経営責任者)

 

一般的に以前のヤフーのカテゴリー式とは違い、ロボット式の検索で、
スピードが格段にあがっているのが特長です。

 

被リンクの基本ルール

 

あるホームページから他のホームページへリンクするとします。
そうすると発リンクしたホームページ自体の持つ信用度や権威力
(グーグルジュースと呼ばれます)が流出してしまうことになります。

 

つまり、1つのホームページからの発リンク数が多ければ多いほど、
発リンク(受ける側からは被リンク)の評価が下がります。

 

グーグルジュース・・そのサイトの持つ価値→ページランクとして表される。

 

ページランクの高いホームページでも発リンクが多いと一つあたりの発リンクの価値が
さがってしまう、、一票の価値が低くなるって事。

 

なのでひとつのホームページが持っている発リンクの効果の絶対量は決まっていて、
その絶対量はページランクが高いほど大きくなります。

 

制裁の基準・・白か黒か

SEO対策で、何が白で何が黒なのか

 

さぁ、ホームページ作成者はこの進化するロボットと戦っていくことになります。

 

過去からこの検索ロボットはどのような進化をとげ、現在いかに優秀かを検証
してみましょう。あなたが戦う相手なのですから・・・

 

白か黒の判断基準

 

2000年前後

グーグル以前のサーチエンジンは、コンテンツの質と、トラフィック量のみを
評価していました。被リンクが重要であるという考え方は、グーグルの考え方です。

 

実はまだこの頃、SEO業界の歴史自体が浅く、しっかりとした被リンクの
管理システムや、品質管理のシステムは存在しません。

 

2009年

セマンティック技術・・・日本語の解読!

 

情報の意味や関連性をコンピュータに理解させた上で、
何らかの情報処理をコンピュータにさせる技術。

 

検索エンジンで検索結果の一部としてWebページの要約文表示されますよね。
これはリッチスニペットと呼ばれる拡張機能の技術で要約文(スニペット)に、
より多くの情報を表示させることができるものです。

 

例) キーワードの言葉と言葉の関連性や概念を理解して、そのキーワードの
   意図している意味を考慮させ検索結果に反映することができる。

 

これは世界37の言語に対応しているため、グーグルの正式な発表こそはないが、
このあたりから、グーグルの検索エンジンは日本語を理解していると考えておいた
方がいいですね。

 

黒いホームページの取り締まり。

 

2011年前半

パンダ・アップデート発動!
「パンダアップデート」低品質なコンテンツを排除する動きが生まれる。
(この時点では日本 [日本語] は無視・・らしい!)

 

2011年6月

ついに正式発表・・・と言ってもいいと思います。何を・・・?
「日本語の同義語認識システムに関する改善をした」と発表。

 

・・っていう事はグーグルのシステムが日本語を完全にマスターしたと考えて下さい。
そのシステムが完全にアルゴリズムに組み込まれたと言う事です。

 

ペンギンアップデート発動!
Googleのガイドラインに違反して故意に順位上昇させようとしているサイトの排除!

 

2012/4/24
2012/5/25
2012/10/5

 

2013/02/28

日本でもついにパンダアップデート発動!

 

パンダ・アップデートとは、コンテンツ評価アルゴリズムです。
つまり、ホームページのコンテンツで質の低いものの検索順位を急落させたり、
インデックス削除をして、

 

検索結果から抹消してしまうアルゴリズム

 

なのです。その具体的内容は、

 

「他のサイトのコンテンツをコピーしただけの役に立たないホームページ、
ユーザにとって価値のないサイトなどの低品質なホームページの順位を下げる」

 

「調査・研究結果、詳細レポート、思慮深い分析などの
オリジナル性のあるサイトの順位を向上させる」

 

というものです、、、

 

2013/5/22

ペンギン2世代目仕様
アルゴリズム自体を大幅に変更

 

人工的な被リンクキーワードの乱用、などウェブスパムに対向するための
検索アルゴリズムを導入。

 

もう誤魔化せない、、逃げられない、、

 

制裁を喰らう可能性のあるサイト一覧

  • SEOをテクニカルに過剰施工(被リンク)したホームページ。
  • 他のサイトからデータ(ニュースなど)を持ってきて並べ変えただけのホームページ。
  • 他サイトのコンテンツをかき集めて加工しただけの意味のないホームページ。
  • 検索利用者にとって意味のないリンク集。
  • SEOリンク構築だけが目的のブログのネットワーク。
  • 有料の被リンクを購入しているサイト。(手法による?)
  • 同一テンプレートで作ったサイト。(大量発生のみか?)
  • 相互リンクサービスに登録しているサイト。(過剰登録?)

 

アルゴリズムは被リンク元のホームページ(自サイトに発リンクしてくれているホームページ)
の質とアンカーテキストを含む前後の文章が、どれだけ関連性があるかどうか
・・・ということも考慮しています。

 

語源
ホームページが黒か白である・・・と言う事を白黒のパンダに例えて

パンダアップデート

白黒のパンダの次は同じく白黒のペンギンに例えて

ペンギンアップデート

 

次のコンテンツから正しいSEO対策の方法について独断で書きます。

 

次の外部SEO対策 »

 

このページトップ トップページ

脅威のグーグルアルゴリズムの関連ページ

外部SEO対策
外部SEO対策の基本。正しい被リンクの方法と考え方。
内部SEO対策
内部SEO対策の基本。内部ソースの最適化とユーザビリティ。
SEO対策まとめ
SEO対策のまとめ。グーグルのアルゴリズムに左右されない、安定したSEO対策。
SEOのための登録と設定
SEOに有利な最低限知っておきたい各種登録設定。

トップページ ソフトの概要 Hp公開の方法 SEO対策基本編 アクセス解析 特典のご案内 購入者メルマガ お問い合せ