ホームページ作成ソフトメニュー

ホームページ作成でキーワードをうまく使う方法

それぞれの各ページが1っのサイトと捉え作成する

トップページだけが評価されているのではない!

1ページで勝負する!

 

グーグルのホームページの価値を評価するアルゴリズムはトップページだけを考慮して、優劣を判断している訳ではありません。各ページのリンクを辿って、その総合評価としてトップページであるindex.htmlのオーソリティを決め、検索結果として表示させています。

 

ホームページの作り方の全体的なコツ

 

ホームページの基本構成としてトップページから各下層ページにリンクしています。考え方として、その下層ページのひとつひとつを「1個の単独のホームページ」として捉えます。

 

トップページを作成する際は、そのホームページタイトル、H1、サイト説明文の記述が必要になり、ホームページの顔になる訳ですから、ここは誰でも気合を入れて作業されると思います。

 

しかし下層ページ作成でもトップページを作成する作業と同じ位の気合が必要だと言う事です。

 

下層ページでもページタイトル、ページ説明文、H1が存在します。つまりトップページと同じメタデータの記述が必要で単独のホームページとして成立します。

 

これらの下層ページのH1を含めたメタデータを適切なキーワードを使って記述する事が、上位表示の条件です。この作業がホームページ全体の価値に大きく係ります。

 

メタデータ・・・ホームページのヘッダー部分の記述(タイトル、説明文)

 

グーグルがホームページの価値を判断する場合、ホームページの中の各ページごとに評価した累積点数が、総合評価として認識され、検索順位に反映されると考えて下さい。

 

「お店、企業用ホームページの作り方」で詳しく解説していますが、トップページは一番最後に作成します。ある程度下層ページを作成して、ホームページとして成立するボリュームがあると判断した時点で、トップページを作成します。

 

このサイトでご紹介している作成ソフトによっては、トップページのメタデータを決めてしまわないとコンテンツが作成できないソフトもあります。なので、この場合はある程度適当に決めてしまって、後で修正するのがベストな作成方法です。

 

これは「下層ページの方向性でトップページが決まる」って言う理由です。

 

新たにホームページを作成する場合は「下層ページ」「ホームページの構成決め」からという事になるのですが、ここで活躍するのが前章で拾い出したキーワードになります。

 

ここまで実践してくれた方で、「私が何を言いたいのか!」おおよそ理解して頂いた方はこの時点で勝ったも同然です。手戻り無くホームページを作成していきましょう!

 

キーワードをホームページに落としこむ

キーワードの拾い出し

解りやすく例をあげてご説明するためには、この当サイトを作成するにあたり、市場調査で拾い出したキーワードがどのように使われているのかをお伝えした方が良いと思います。

 

今ご覧頂いているこのサイトは当初10ページ程でスタートさせました。その時の作成手順を公開します。これはどのような内容のホームページでもやる事は同じです。

 

とにかく書き出しまくる!

前章でお伝えした悩み系サイトで拾い出したキーワードの一部

無料レンタルサーバー、アップロード、ドリームウィーバー、ホームページビルダー、HTML、ドメイン取得、CSS、ホームページV3、CMS、ワードプレス、独自ドメイン、サブドメイン、サブディレクトリ、初心者、グーグルアナリティクス、無料ホームページ作成、動画サイト、メールアドレス作成、ホームページビルダー挫折、難しい、企業ホームページ、制作担当、ウェブマスターツール、検索順位、外部SEO、シリウス、内部SEO、ペナルティー、ホームページが表示されない、格安ソフト、メモ帳から作成、アクセス解析、ホームページビルダー17、ブログ、サイトが公開できない、カスタマイズ、スマホサイト作成、タグ、テーブル

 

※ 単語を羅列していますが、文節を含め400個のキーワード拾い出しました。

 

キーワードを拾い出している作業で感じた印象は、ホームページ作成の技術の中でアップロードで困っている人の相対数が圧倒的に多い事でした。

 

作成作業そのものより、ドメイン、サーバーの扱いや設定方法が難しいと感じていらっしゃる方が多く、作成以前に「ホームページの公開方法」で恐れをなしているって感じです。

 

このように市場調査を進めていくと、自分では思いつかなかったユーザーの悩みが見えてくるようになります。全部をお伝え出来ないので、この当サイトの「ホームページの公開方法」のコンテンツがキーワードによって作成されているという事に絞って見ていきます。

 

キーワードの分類

キーワードの整理

同じ意味の言葉が被っていないかも考慮する

 

「ホームページの公開方法」に係るキーワードを先ほどの市場調査の結果から抜き出して整理します。この作業では少しでも関係性があると感じたら遠慮なく書き出します。

 

無料レンタルサーバー、アップロード、ドメイン取得、独自ドメイン、サブドメイン、メールアドレス作成、サブディレクトリ、初心者、難しい、ホームページが表示されない、サイトが公開できない

 

このようにキーワードを分類し再度書き出しますと、

  • 1ページで完結できるコンテンツなのか?
  • 新たにフォルダを作成して数ページでの構成が必要なのか?

をユーザーの使い勝手とコンテンツ量によって決めます。

 

このコンテンツはキーワードに幅があるので、カテゴリーページを作成して、その下に数ページのコンテンツを入れる方が良いと考えました。

 

カテゴリーメタデータ
  • カテゴリー名

    サイト公開マニュアル・簡単アップロードの方法

  • H1テキスト

    初心者さんでも解りやすい!ホームページ公開マニュアル

  • カテゴリー説明文

    ホームページ作成初心者さん必見!サーバーレンタルからドメイン取得、FTPソフト設定まで。ホームページのアップロードに必要な知識を動画で徹底解説します。

カテゴリー内ページ

1ページで表示させると縦に長くなり過ぎるので、キーワードを7っに分け、7ページのコンテンツとして1っのカテゴリーで構成する事にしました。

  • 有料サーバーと独自ドメイン
  • レンタルサーバー基礎知識
  • レンタルサーバー比較
  • 無料レンタルサーバー
  • ドメイン取得会社比較
  • FTPソフトとサイト公開
  • メールの概要

 

このコンテンツは市場調査でのキーワードの発現率を考慮すると閲覧者さんにとって重要なコンテンツの一部であると考えたため、グローバルメニューに入れる事にしました。

 

※ 下記画像はリニューアル前の当サイトのトップページです。

サイト構成カテゴリー

 

下層ページもページごとに、メタデータであるページタイトル、H1、ページ説明文をそのぺージにふさわしいキーワードを使って記述しています。

 

それぞれのページに使われているキーワードが「お客さんの悩みの声」を反映しているので、これらのページがグーグルで検索されやすいという事がお解り頂けると思います。

 

サイト構成を決める

ホームページの骨組み

キーワード群ごとに重要性を判断する

 

キーワードや文節を多く拾い出せば、その数に応じた多くのコンテンツを作成する事ができます。そして上記でお伝えしましたように関連するキーワード群に分類する作業が必要です。

 

分類が終わりましたら、ホームページで重要になる順番にランキング付けし、上位から4っ程を選んで、グローバルメニューに表示させるようにします。

 

ホームページ作成ではグローバルメニューのリンクは多くて7っくらいです。

 

一般的なホームページでは「トップページ」「お問い合わせ」「会社概要」などは必須になりますので、残り4コンテンツをグローバルメニューに配置するという事です。

 

さらに残りのコンテンツは重要度が高い順番サイドバーにまとめます。フッター近くに配置した方が良いコンテンツもありますので、臨機応変に作成します。この時重要なのは、あくまでユーザーが見やすく、使いやすい事を最優先するって事です。

 

各ページを作成する場合の注意点

グーグルが価値を認めるホームページ

専門性がある事

ある分野に特化させ、その道の悩みならユーザーの悩みを何でも解決できれば、グーグルはそのホームページに価値があると判断します。

 

私がアクセス解析で重要だと感じることは、ホームページそのもの全てに専門性がなくても、最低限あるページ、あるカテゴリーについては、他のどんなホームページにも負けない!という自負と実績を持つって事です。

 

信頼性がある事

公開しているコンテンツの内容を、データや統計などに基づいて裏付けることは、グーグルのアルゴリズムが信用できる記事であると判断するのに優位に働きます。

 

また「ホームページ作成者」やその「企業、お店」の個人情報をどれだけ晒しているかと言う事もグーグルの信頼を得るために重要だと言われています。

 

ホームページで「嘘」がある事が、グーグル自体の信頼性を下げる事になります。

 

グーグルが社会に与える影響が強いため、お金や健康に係わるホームページでは特に信頼性が検索順位に影響するようになりました。

 

信頼性はユーザーとグーグル両者にとって、メリットの根源みたいなものです。ネットビジネスも含めたホームページ作成では「信頼される事」が集客の基本です。

 

独自性がある事

オリジナリティがある事。他のホームページから抜きとったような、どこにでもある記事では評価されません。反対にご自身の経験から発信される記事にグーグルは価値を認めます。なので、自分の言葉でコンテンツを作成する事がSEO対策になります。

 

このように市場調査でユーザーの悩みや考えている事をまとめ、キーワードとして拾い出し、ホームページの構成を決めたり、メタデータに記述するって事は、それだけで検索される可能性が高くなるように感じませんか?

 

あとはメタデータに記述したキーワードを反映した記事を書く事です。市場調査で時間を費やし、詳しくユーザーの気持ちをキーワードとして抜き出す事が上位表示の基本なのです。

 

ここまでこのコンテンツを読んでくださった方は、いき当たりばったりでホームページを作成した人に、検索結果で負けるはずがありません!

 

ホームページで集客できるようお祈りします。