キーワードとは何か!グーグル検索の仕組み

無料ツールソフトの使い方ホームページの作り方Hpで集客する方法グーグルサービス
 
初めてのHP作成の動画高齢者のホームページの作り方よくある質問
 

ホームページが検索される仕組みを知る!

グーグル検索とキーワード!

「本屋の本棚の本の話」

 

インターネットでは、「キーワード」イコール「検索結果表示」

ホームページで検索される仕組みを知らなければ、インターネットで集客する事はできません。集客とはイコール検索される事です。検索されるための基本はまず、グーグルのデータベースに正しいキーワードでインデックスされる事です。

 

市場調査の解説の前にグーグル検索の基本についてお伝えします。
グーグルデータベースにホームページがインデックスさせる

 

グーグル検索のシステムを正しく理解するためにグーグル自体を「巨大な本屋さん」と考えて下さい。そしてあなたのホームページは「一冊の本」です。

 

何億冊と並んでいる本屋さんにあなたの本が完成して、「本棚」に置かれます。グーグルのこの「本棚」の事を「データベース」と呼びます。そしてグーグル書店の本棚にホームページを置いてもらう!これを「データベースにインデックス」されるなどと言います。

 

なのでまず、ドメインを取得して、トップページのサイトタイトルとH1、説明文等が決まり、ある程度コンテンツが完成した時点で、本を棚に並べてもらいましょう!

 

グーグルのデータベース

 

下記動画ではグーグルのデータベースを紹介しています。このグーグルの巨大な本棚の一部にあなたのホームページがインデックスされます。

 

そしてあなたのホームページはキーワードによって閲覧者に検索されます。

 

グーグルの巨大本棚

 

インデックス

下記にサイトURLを記述して送信すると、グーグル書店にデビューです。遅くても1週間くらいで、新サイトアルゴリズムという名前の店員が、ホームページを上記動画のグーグルのデータベースに並べてくれます。

 

ホームページをインデックス!・・・グーグルインデックス

 

グーグルハネムーン

本を書いたあなたは作家としてデビューしたばかりなので無名であるため、誰もあなたの事を知りません。なのでグーグルが新人作家に対して優遇措置をとってくれます。

 

それは先ほど本棚に並べられると書きました。ですが、本棚に並べられるのと同時に、本屋に入ってすぐに新刊書コーナーと呼ばれるワゴンがあり、そこにもあなたの本を一定期間ですが置いてもらえます。あなたのホームページを目立つようにしてくれる訳です。

 

これを「グーグルハネムーン」といって、一定期間検索上位に表示されます。新人作家のお披露目ですね。(グーグルはこの事を2012年に公式に認めています。)

 

なぜキーワードが重要になるのか

 

本棚にあなたの本は並べられました。後はお客さんを待つだけです。早く買って頂きたいですよね!本を買って頂くには、まず本を見つけてもらわなければ、始まりません。

 

どうすれば効率的に見つけてもらう事ができるのか?その方法を解説します。

 

本には背表紙があって、棚に並んでいた場合、お客さんは、その背表紙しか見る事ができません。ホームページも同じで、その「ホームページタイトル」が背表紙として検索結果で並んでいるわけです。

 

本は手にとって見なければ、買うか、買わないか判断できません。例えば、「犬のしつけ」についての本を探していたとします。

 

しかし、手に取った本の背表紙が「愛犬のしつけの方法」にもかかわらず、その内容が、「かわいい犬の服の作り方」だった場合。あなたはその本をどうします?

 

本棚にすぐ返してしまいますよね!。

 

本が棚に並んでいる場合、中身は見れません。ホームページも同じです。とりあえずサイトタイトルという背表紙だけを頼りに検索される訳です。なので、「サイトタイトル」は、まさに本の背表紙にあたります

 

極端ですがこのように、本の背表紙とその書かれている内容が違って、すぐ本棚に戻されてしまう本の事を「直帰率」の高い本と呼びます。

 

ホームページでは、検索結果に表示されて、サイトを開かれても、すぐに閉じられる事を言います。この直帰率を改善する事がホームページの解析の第一歩になります。

 

この直帰率の理想は30%台と言われています。60%以上で改善の必要があると思ってください。要するにホームページを開いた人の40%以上は、「2ページ目を閲覧している。」この状態に保つ必要があります。

 

でないとホームページの「オーソリティが低い」とグーグルに判断されてしまう可能性が極めて高くなるという事です。

 

ホームページのオーソリティ・・・グーグルが判断するサイトの価値

 

直帰率の改善方法
  • ホームページの内容とサイトタイトルを完全一致させる。
  • サイトタイトルは27文字までしか表示されないのでそれ以下にする。
  • バナーを作り変える。

 

サイトを開いたとき、ひと目で何について書かれたサイトなのか閲覧者さんが、1秒で判断できるようにする。特にトップバナーについては余計な情報は一切書かない。書く場合はキャッチコピー程度で3行までのテキストにする。

 

また色使いをホームページの内容に合うようにする。このような事は同種の検索上位表示されているサイトを参考にするのが一番手っ取り早いです。

「直帰率」はこのグーグルアナリティクスから解析できます。

 

まとめますと、キーワードの超基本はサイトタイトルです。本棚にすぐ返されないように、サイトタイトルとホームページの内容は一致させるようにします。

 

そして尚且つ、ホームページのトップバナーは、その内容が直感的に判断できるよう、シンプルで万人受けするデザインで良いって事です。

 

バナー作成では凝ったデザインにする必要はなく、かえって余計な情報は、訪問者が混乱する原因となり、2ページ目を見てもらう事の妨げになる確立が高くなります。

 

集客できるかどうかはホームページ作成前で決まる。

 

ホームページが完成してアップロードした時点で、そのホームページで使われているキーワードによって集客できるかどうかの勝負は決着しているという事です。

 

十分にお客さんの悩みを分析して、それを元にキーワードを考慮し、コンテンツが作成されている場合は、上位表示は確実で訪問者の確保は約束されている事になります。

 

要するにキーワードの選択は、ホームページを作成する前段階の作業であり、この時点で、ホームページの運命は、ほぼ決着してしまうのですね。キーワードは市場調査から生み出される事から、この市場調査という作業が如何に大切か!わかって頂けると思います。

 

グーグルの検索システムに従う!

 

世界の検索エンジンでグーグルは独壇場です。結局グーグルが決めたルールに従わない限り上位表示はありえません。そのルールの最重要点が「サイトタイトル・H1」などのホームページの見出しの選択です。

 

あなたのホームページの各ページに最適なキーワードをうまく使う事で、色々な属性のお客さんがアクセスしてくれます。このように幅広い顧客層からのアクセスを得るためのキーワード群をロングテールキーワードと呼びます。

 

「グーグルの検索システム」

 

グーグル検索

「正しいキーワードでたくさんの人の悩みを解決させる」

 

グーグル検索

色々なキーワードで「上位表示」

 

グーグル検索

購買層アクセスの増加

 

グーグル検索

売り上げUP

 

次の章では実際に、ホームページに必要な「悩み系キーワード」を集める方法と、ホームページで集めたキーワードを使う方法についてお伝えします。

 

次は「キーワードの決め方と市場調査の方法」を解説します。

ホームページが検索される仕組みを知る!の関連ページ

キーワードとマーケティング
お客さんは1人!インターネットは日本中で公開されるため、ターゲットになるお客さんの数が多い!っと勘違いされていませんか?逆に市場を絞っていくことがインターネットでの集客客方法です。絞れば絞るほど、確実に利益につながります。
市場調査の基本
市場調査とはお客様の悩みを知る事。あなたのお店や企業が提供するサービスはきっとお客様の役に立っているはずです。しかしサービスを求める人すべての悩みを解決出来ているでしょうか?ホームページ作成での市場調査とキーワードについて解説します。
強いホームページ作成
検索されるホームページページの作り方!1ページが1サイト!市場調査とキーワードに基づいたホームページ作成で集客力に優れたホームページが簡単に作れます。ある心構えを持つだけで、更新も簡単でホームページ作成が楽しくなり、売り上げも上がります!

トップページ ソフトの概要 Hp公開の方法 SEO対策基本編 アクセス解析 特典のご案内 購入者メルマガ お問い合せ