ホームページ作成ソフトメニュー

取得したドメインでメールアドレスを作成するには?

A 簡単にメールアドレスは作れます。ルールを覚えましょう!

レンタルサーバーの管理画面で作成します。

※ 解説はさくらレンタルサーバーですが、他のサーバーでも要領は同じです。

独自ドメインでメールアドレスを作成する手順

サーバコントロールパネルにログインします。
「メール」から「メール一覧」をクリック

 

さくらサーバーメールの作り方解説

 

メールを操作できるコンテンツに入る。
「新規追加」をクリック

 

さくらサーバーメールの作り方解説

 

メールアドレスを作成する作業は、レンタルしているサーバーでおこないます。契約しているレンタルサーバーのコントロールパネルにログインするとメールに関する設定という項目がありますので、そちらをクリックします。

 

メールアドレスを追加する。
新規ユーザの「基本項目」を記述する

 

さくらサーバーメールの作り方解説

 

ユーザ名 @マークより手前の文字配列を決めます。
ユーザの説明 メールが増えてきた場合に記述しておくと管理がしやすくなります。
パスワード メールパスワードメールソフトを設定するときに必要なパスワードになります。
パスワード(確認) 設定したパスワードは必ずテキストエディターなどに記述し、まとめて管理するようにしてください。

 

「メール利用範囲」を記述します。

 

転送ソフトファイルジラの使い方解説

 

メール容量制限

デフォルトでメール容量制限は1GBに設定されていますが、数値と単位をクリックすると、それぞれ内容を変更できます。容量は各作成したドメインで分け合う事になります。当初5000MB程度にしておいても問題ないでしょう。

メールの受信 「受信」するにチェックをいれます。
ブラックリスト 受信を拒否するメールアドレスに含まれる文字列を記述
ホワイトリスト 受信を許可するメールアドレスに含まれる文字列を記述
ウイルスチェック 「有効」にチェックを入れる。
迷惑メールフィルタ 「迷惑メール」フォルダに保存を選択

 

すべて記述しましたら「保存する」をクリック

 

メールアドレス一覧で作成したメールアドレスが確認できます。

 

その際「ユーザー名@ドメイン」で表示されていますが、@以下の「ドメイン」の部分を書き換えてメールソフトを設定します。

 

以前のバージョンではドメインごとに管理していましたが、ライトプラン、スタンダードプラン、プレミアムプランでは、さくらサーバーのサイトリニューアルと共に一括で管理するようになりました。

 

メールソフトの設定

メールソフトを設定して取得したアドレスを使えるようにします。どのようなメールソフトでもこの設定は「アカウント設定」から操作する事ができ、下記の項目を記述します。

 

  入力内容 設定
接続の種類 POP3 または IMAP4 POP3
受信サーバ

初期ドメイン名※1
または
独自ドメイン名

example.sakura.ne.jp
送信サーバ

初期ドメイン名※1
または
独自ドメイン名

example.sakura.ne.jp
受信アカウント メールアドレス mail@example.sakura.ne.jp
メールパスワード メールパスワード※2 メールパスワード

 

初期ドメイン名※1
初期ドメイン名とはレンタルサーバーを契約したときの、ドメイン名です。

さくらレンタルサーバーの場合
  • POP3(受信)サーバ: アカウント名.sakura.ne.jp
  • SMTP(送信)サーバ: アカウント名.sakura.ne.jp

 

Xサーバーの場合
  • 受信メール(POP)サーバー: アカウント名.xsrv.jp
  • 送信メール(SMTP)サーバー: アカウント名.xsrv.jp

 

exampleの部分に、アカウントを記述するという事です。

 

この送受信サーバーの設定は、独自ドメイン名でもOKです。これはサーバーを取得したときの初期ドメインの配下で独自ドメインが運用されるためです。

 

先ほどhomepage@softsate.infoというメールアドレスを作成しましたが、これは、さくらレンタルサーバーで作成したので、homepage@アカウント名.sakura.ne.jpと全く同じメールアドレスとなります。

 

レンタルサーバーの初期ドメイン名でも独自ドメイン名でもメールアドレスは作成できるという事です。メールパスワード※2についてはサーバーでメールアドレスを取得したときのパスワードを記述します。

 

このような事から解りますように、もしサーバーで独自ドメインをマルチドメインで運用する場合に注意が必要です。それぞれの独自ドメインでメールアドレスを作成する時は、@の前のテキスト配列を変更する必要があります。

 

そうしないと同一メールとなり、同じメールボックスを使う事になります。