スマホ検索最適化。モバイルフレンドリーテスト結果の概要

MENU

モバイルフレンドリー テストで最適化を確認する

スマホ最適化テスト

グーグルのツールモバイルフレンドリーテストのサイトを開きます。

グーグルデベロッパーズ・・・・・モバイルフレンドリーテスト

モバイルフレンドリーテスト

開きましたら上記画像にある「ウェブページのURLを入力」の箇所に、
PCサイトのトップページのURLを入力し「分析」をクリックします。

モバイルフレンドリーテスト結果

問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。と表示されれば、
設定に間違いがなく、正常にリダイレクトされているという事です。

 

このテストはPCサイトのトップページだけで良いです。
OKの場合下層ページはテストする必要はありません。

 

ウェブマスターツールでのテスト

ウェブマスターツールにサイトを登録されている方は、サイトダッシュボードの
「検索トラフィック」
をクリックして頂いて、赤矢印「モバイルユーザビリティ」を開きます。

ウェブマスターツール

下記画像は、当サイト冒頭でご紹介させて頂いた、検証サイトのデータです。

ウェブマスターツール

[エラーのあるページ1]となっていますが、これは問題ありません。
エラー内容の詳細のひとつをクリックした画像が下記です。

ウェブマスターツール

赤矢印を確認すると、side.htmlにエラーがある事が確認できます。
side.htmlのエラー解消には、少々時間がかかります。

 

PCサイトの最短ホームページテンプレートside.htmlはサイドバーをiframe
表示させています。そのためgooglebotの巡回が遅くなるようです。

 

ウェブマスターツール

モバイルフレンドリーテストでOKが確認できれば、このエラーは問題なく、その後放置しても、ウェブマスターツールからの警告が表示される事はありません。

 

また上記画像でも解るように、クローラーが廻ってきてスマホサイトを認識するのに
2週間ほどを要しています。この間はモバイルフレンドリーテストではOKになるのですが、
スマホ検索結果では、スマホ対応:の表示がされません。

 

クローラーがスマホサイトをクロールして、はじめてスマホ対応:の表示がされます。
この事については待つしかありません。

 

クローラーが巡回を完了したページから順次スマホ対応:の表示がされるようになります。

 

私の検証では、強制的にクローラーを呼び込むFetch as Googleを使用しても
効果はありませんでした。なので検索結果スマホ対応:の表示は、
ひたすら待つことしかないようです。

 

下記画像でご確認頂けますが、1ヵ月待った結果、やっとウェブマスターツールの
モバイルユーザビリティ
side.htmlのエラーも消えました。
エラーが0になっていることが確認できます。

 

モバイルユーザビリティ

 

結論ですが、リダイレクトさえ正常に設定されていれば、スマホサイトは問題なく
表示されますし、時間がたてばすべての警告は完全に消えますのでご安心ください。

 

次の作業・・・・・ページスピードインサイトにすすむ。