ホームページ作成ソフトメニュー

FAQ|サイト作成者必見!モバイルファーストインデックスとは?

A グーグルはホームページのコンテンツをスマホで判断している!

携帯端末がクロールの基本に変わった

2019年7月1日以降グーグルのデータベースへのホームページの登録(インデックス)は、「モバイル ファースト インデックス登録」となり、スマートフォン/iPhoneなどの携帯端末のコンテンツをホームページの評価の対象にするよう変更されました。

 

今まではパソコンのコンテンツを評価対象にしていましたが、スマホユーザーの増加により、いかに携帯端末でコンテンツがユーザーに有効であるかを判断するということです。

 

ホームページがアップロードされると、グーグルのデータベースにそのホームページの内容がインデックスされます。この時今までのようにパソコンサイトの内容ではなく、スマートフォンサイトのコンテンツがグーグルに登録されるということです。

 

この事を「モバイル ファースト インデックス登録」と呼びます。

 

今後みなさんが新しいホームページを作成しアップロードすると、自動的にスマホサイトがグーグルのデータベースに登録されることになります。既存のホームページを運営中で、サーチコンソールに登録されている場合は、その旨が通知されるはずですのでご確認下さい。

 

グーグルウェブマスター向け公式ブログからの引用

モバイル ファースト インデックス登録とは、Google のインデックス登録とランキングで、モバイル版のコンテンツを優先的に使用することを意味します。

 

これまで、ユーザーのクエリとページの関連性を評価するにあたっては、主にパソコン版のページのコンテンツがインデックスで使用されていました。

 

今ではユーザーの大半がモバイル デバイスからGoogle検索にアクセスしているので、今後、Googlebot は主としてスマートフォン エージェントでページのクロールとインデックス登録を行うようになります。

 

モバイル ファースト インデックスが採用される前でスマホが普及し始めた頃、グーグルはスマホ対応のホームページを検索結果で「スマホ対応」のマークをリンクの横に付けて、スマホ対応していないホームページと差別化していました。

 

しかし、スマホの普及でスマホ用サイト作成は当たり前になり、スマホ対応マークも廃止され、現在に至った結果、グーグルのホームページの評価を判断するクローラーもインデックスそのものもスマホ中心になってきたと言う事ですね。

 

ホームページ作成者は、スマホ対応ホームページを作成するか、レスポンシブウェブで対応し、尚且つ、スマホのブラウザ表示をモバイルフレンドリーに対応させ、また表示スピードを高速化させ、ユーザーが使いやすいホームページを作成する事が必須になったと言う事です。

 

グーグルのデータベースに登録されるホームページは、ひとつのホームページに対して当然ひとつです。モバイル ファースト インデックスが採用されたからと言って、今までのパソコン用インデックスが存在するわけではありません。今後はすべてスマホに一本化されます。

 

インデックス自体がモバイルコンテンツになるため、SEO対策では、モバイルユーザー、つまり「スマホのコンテンツがどれほど優れているか」が、検索順位の評価の対象になります。

 

グーグルウェブマスター向け公式ブログからの引用

従来のインデックスと別にモバイル ファースト インデックスが存在するわけではないことにご注意ください。Google 検索では、引き続き 1 つのインデックスのみが使用されます。

 

検索結果の提供に使用するインデックスは引き続き 1 つのままです。 メインのインデックスとは別の「モバイル ファースト インデックス」はありません。歴史的にデスクトップ版のコンテンツがインデックスされてきましたが、今後はモバイル版のコンテンツを使用していきます。

 

2っのスマホ対応方法での注意点

レスポンシブ ウェブ デザイン

レスポンシブ対応作成ソフトでは、パソコン用にホームページを作成しますが、スマホからアクセスがあった場合、すべてのコンテンツをCSSによってスマホ用に自動変換します。この事から、モバイルファーストインデックスに対して、なんらかの作業する必要はありません。

 

レスポンシブウェブ概要

レスポンシブウェブの場合の出力

 

出し分けて出力(PC/スマホ別URL)

ホームページをパソコンサイトとは別にスマホ用 (別URL) で作成した場合、ホームページ作成者の意思でそれぞれのディバイスに違うコンテンツを出力することができます。

 

しかしモバイルファーストインデックスではスマートフォンのコンテンツをインデックスするため、このように別URLでコンテンツを出し分けしている場合は、パソコンサイトのコンテンツをすべてスマホサイトに掲載した方が良いと言う事になります。

 

出し分けて出力

スマホ用 (別URL) サイトを作成する場合の出力

 

グーグルウェブマスター向け公式ブログからの引用

レスポンシブ ウェブ デザイン
画面サイズに合わせて調整されるサイト。変更はありません。モバイル版はパソコン版と同じです。

 

2別々の URL を使用する場合のおすすめの方法
モバイルサイトには、パソコン用サイトと同じコンテンツを含める必要があります。モバイルサイトのコンテンツがパソコン用サイトよりも少ない場合、モバイルサイトを更新して、主要なコンテンツをパソコン用サイトと同等にすることをご検討ください。テキスト、画像(alt 属性を設定)、動画などを、通常のクロールやインデックス登録が可能な形式で準備する必要があります。

 

スマホ対応のルール
  • 表示速度の高速化
  • モバイルフレンドリーに対応
  • スマホコンテンツの充実

Googleは上記3点を検索上位表示のための条件であると、公言しています。表示速度については、ページスピードインサイトで確認テストできるので、必ずチェックしておきましょう。

 

またモバイルフレンドリーテストでは、文字の大きさ、リンク間の距離など、スマホサイトの出力でユーザビリティに不備がある場合、細かく修正案を提案してくれます。これらを踏まえた上で、スマホコンテンツを充実させることが、検索上位表示の条件となります。

 

モバイルフレンドリーテスト

 

モバイルフレンドリーテストグーグルサーチコンソールのモバイルユーザビリティで、ホームページのスマホに対する適合性をチェックできます。または、次のURLをクリックしてあなたのホームページURLを記述して下さい。

 

モバイルフレンドリーテスト

 

モバイルフレンドリーテスト

 

モバイルフレンドリーテストのテスト結果の合格画像

モバイルフレンドリーテスト

ページスピードインサイト

 

ページスピードインサイトでホームページの表示速度を確認する場合は、次のURLをクリックしてあなたのホームページURLを記述して下さい。

 

ページスピードインサイト

 

ページスピードインサイト

 

ページスピードインサイトでは次の画像のように、パソコンサイト、スマホサイトそれぞれが点数化されて表示されます。90点以上であれば概ね合格とお考えください。テストサイトは当ホームページであるホームページ作成ソフトランキングです。

 

スマホサイトのテスト結果の合格画像

ページスピードインサイト

 

パソコンサイトのテスト結果の合格画像

ページスピードインサイト

 

無料画像圧縮ツール

特にページスピードインサイトで解る表示スピードは、ホームページのファイルサイズにも大きく影響されます。ファイルサイズと言えば、まず画像ファイルです!画像を適切なサイズに調節して、ファイルサイズを圧迫しないようにしましょう。

 

私が使っている画像圧縮ソフト

上記ツールはすべてオンライン上で利用する事ができ、ダウンロード等は不要です。非常に軽く動きますので、ブラウザのお気に入りに登録しておくと重宝しますのでご活用下さい。。

 

 

 

 

TOPへ