ホームページ作成ソフトメニュー

ビルダーからシリウスへサイト移行は簡単にできるの?

A ブラウザからのコピペ貼り付けが一番早い。

ホームページ作成ソフト引っ越しの概要

ホームページビルダーからシリウスへ
シリウス無料ブログ インポート

 

ホームページデータの移行の基本

独自タグについて

サイト作成ソフトシリウスは基本的にサイト作成画面で、シリウス専用のタグによりサイトデータを作成し、そのデータを自動で正式なHTMLに変換しています。これをサイト生成と言います。

 

シリウスでサイト作成する場合において、作成画面上の画像や文章の記述は、ブラウザで閲覧できる正式なHTMLではなく、シリウスの独自のルールに従って書き込まれていく事になります。

 

シリウスではこのタグを「独自タグ」と呼び、このタグでホームページを作成していきます。

 

そして、作成ソフトによってタグの規格が異なるため、ソフトを引っ越しする際に、そのまま丸ごとデータを左から右に移行する事は、どのようなソフト間でも完全にはできないのです。

 

例外 ムーバブルタイブ

MT形式(Movabletype)ムーバブルタイブと呼ばれるブログの記事をデータ化するデータフォーマットがあります。この形式の記事であれば、シリウスにインポートする機能がありますので、一括でテキストデータを移動させる事が可能です。但し画像については対応していません。

 

シリウス無料ブログ インポート

 

MT形式の無料ブログ
FC2ブログ(エフシーツー) はてなブログ livedoor Blog
Seesaa BLOG excite blog 忍者ブログ

 

Ameba、楽天ブログ
MT形式に変換してもシリウスにはインポートできません。
(これらの是非は現在利用中のサービスでご確認下さい。)

 

WordPress
xml形式であるため、基本的にインポート不可能です。
(MT形式に変換するプラグインを探してください。)

 

ホームページビルダーの罠

ホームページビルダーはMT形式ではないため、シリウスにインポートできません。現時点でホームページビルダー同士であれば簡単にバージョンを移行できると言う事です。

 

同じソフト間だけで移行が簡単にできる!これは一体どういうことでしょうか?

 

ホームページビルダーは、バージョンアップが有料です。新しいホームページビルダーを購入し、インポートするのは簡単であるが、バージョンアップでお金がかかってしまうという事です。

 

ホームページビルダーは毎年のようにバージョンアップしていますが、有料のバージョンアップであれば、簡単に移行ができるという仕組みです。

 

MT形式を排除して、他のソフトに乗り換えにくくしているって事です。不親切ですよね。

 

もともとソフト制作会社では、MT形式を使えるようにする事など簡単なはずです。ホームページ作成者は色々な状況の方がいるわけで、このあたりが私がこの会社を嫌う理由です。

 

要するに便利なシステムを排除してでも、会社が儲かれば良い。このように見えてしまいます。ビルダーでは全ての仕組みにお金がかかるようになっているというです。

 

シリウスにビルダーのデータを引っ越して更新する方法。

トップページは最後に移行する

トップページを後で作成するメリット

手順として、トップページは当初「空」のまま作業を進め、一番最後に引っ越しします。これは後にトップページから下層ページにリンクを付ける事になるためです。シリウスではリンクタグは5秒で付ける事が可能ですが、肝心の下層ページが無くてはその機能をフル活用できません。

 

  • 飛躍的に移行スピードが上がる
  • リンク付けが超スピードで簡単にできる
  • サイトの構成を把握しながら作業できる
  • トップページのデザインが洗練され使いやすいサイトになる
  • グローバルメニューやサイドメニューを刷新できる

このような理由からソフトの乗り換えはトップページを最後に作業します。またこの機会にホームページの顔であるヘッダー画像もシリウスのヘッダー画像作成機能を利用して作り変えます。

 

シリウスの作成コマンドを使いながら作業する

店舗企業サイトであれば、「会社概要のページ」「よくある質問」のページから引っ越す事をお勧めします。また引っ越し作業をしながら、シリウスに慣れる事を意識してください。

 

シリウスの便利機能 作成コマンド
シリウス作業コマンド

文字の大きさ/色の変更/太文字 テーブル枠の自動作成
リンク付け機能 画像の取り込み機能
レイアウト枠 ボタンリンク作成
モジュール作成 文字装飾機能
文章の右寄せ/左寄せ マーカー機能
目次作成 リストタグ
見出しタグ付機能 水平線の記述
ポイント挿入機能 画像付きポイント挿入機能

 

最初の1ページを作成する際に、上記の機能を一通り実際に使ってみて下さい。

 

解らない機能がある場合はシリウスページの解説を必ず確認するようにします。これは面倒な事と感じられるかと思いますが、最初の1ページでこれをクリアすれば、後のページの作成時間が大幅にスピードアップします。また後でこんな便利な機能があったのかと後悔する事もなくなります。

 

ビルダーからシリウスに移行する手順

シリウスのテンプレートを決める

テンプレートの横幅を変更する場合は、テンプレートを決めた直後に作業をしてしまう必要があります。デフォルトでも十分ですが、当サイトの場合では少し横幅を広げています。またサイドメニュー表示部分とメインコンテンツの割合も変更しています。

 

[参考] 当サイトのテンプレートの横幅設定
テンプレートの横幅 1070
メインカラムの横幅 760
メインメニューの横幅 300

 

シリウステンプレート横幅設定

 

シリウスに引っ越しするページの初期設定

シリウス初期設定

 

シリウスで初期設定をする場合ファイル名 [URL] を記述しますが、もちろんここではホームページビルダーで設定しているページ [URL] を記述するようにしてください。

 

ここでの設定で、引っ越す前と違った [URL] を設定してしまうと、今まで積み上げたグーグルからのホームページへの評価値が0になってしまいますので厳守してください。

 

URL以外の初期設定の記述では、次のようなSEO対策を施すことができます。

 

ページ説明文をよりわかりやすくする

よりインパクトがある説明文はクリック率を上げることができます。引っ越しの際ついでにこの説明文を見直し、より魅力的な文章に書き換えておきましょう。

 

ページタイトル H1テキスト

ページの文章を移行し、見出しなどを付けていくのですが、この見出しについては変更することが可能です。文章に記述されているキーワードを正しく表現されているかなどを検討して、より見出しとして検索に有利であるかを見直します。

 

「メニュー上の表示」

ここで記述したテキストがサイドバーのメニューで表示されます。ページの内容が要約されたテキストで記述します。あたクリックされやすいよう工夫します。

 

デスクトップに画像を移動させる

実際のページの移し替えの手順として、まずはページ内のすべての画像を右クリックでコピーし、デスクトップ上に貼り付けておきます。フォルダを丸ごと移設するのは後で探すのが面倒になりますのでおすすめしません。ページ単位でこの作業をしていきます。

 

画像を貼り付ける場合シリウスでは画像を取り込む操作の際、一緒に画像大きさの調節や配置などを決める事ができ、タグが自動で書き込まれます。まずテキストを移す前に現状の移したいページの画像をデスクトップ上に置きます。フォルダごと移設するよりこの手順の方が作業が早いです。

 

ブラウザから文章をコピー&ペイスト
文章をコピー&ペイスト

現状のホームページを立ち上げて移行したいページをブラウザに表示させて、文章をコピー&ペイストでシリウスのサイト作成画面に貼り付けます。

 

文章の装飾

ページのテキストをすべてコピー&ペイストした後に文章を装飾します。シリウスには文章装飾の機能が豊富にあるので、このコマンドを利用して文章の作業を完了させてしまいます。

  • 見出しタグの挿入機能
  • 太文字・色付き文字
  • ラインマーカー
  • リスト・数字付きリスト
  • ポイント装飾機能
  • レイアウト枠
  • テーブル枠の表示機能

 

画像の挿入

ページ内のすべてのテキストの貼り付けが完了してから、デスクトップにあらかじめ用意しておいた画像を取り込んで挿入します。画像を取り込む際「回り込みの有無」「大きさ」を決めます。取り込んだ後で枠で囲ったり、レイアウト枠を使用したりしてページを整えていきます。

 

ページ内リンク設定について

ページ内リンクがある場合は、後回しにします。ページ内リンクはシリウスのリンク付け機能を利用して後でまとめて作業する方が格段にスピードアップになります。サイト規模が大きい場合は忘れてしまいますので、テキストエディターに書き込んでおくか、メモしておきます。

 

メニューの設定

シリウスの場合はページの初期設定を完了させ、プレビューでブラウザに表示させると、そのページで決めた「メニュー上の表示」がサイドバー(サイドメニュー)に表示されます。

 

作成したページが「お問い合わせ」など、重要なページである場合は、グローバルメニューに表示させる必要があります。ペ−ジを作成した時点でこの作業も同時に行います。

 

シリウスグローバルメニュー

 

上記作業の繰り返し

ここまでの作業をページ単位で繰り返し作業し、下層ページを完了させます。

 

すべてのページを引っ越しした後で、トップページを作成します。この際サイト内リンクはシリウスのページ内リンク挿入機能で簡単にリンク付けする事ができます。ボタンリンク機能なども活用しトップページを仕上げます。下層ページ間のリンクがある場合は各ページに戻り設定します。

 

10ページのサイト引っ越し時間

私の場合はホームページ作成提供の仕事をしていますので、よく他のソフトから私が利用しているシリウスに引っ越しする機会が多くあります。この場合のソフト引っ越しで必要とした時間は、平均すると1ページ当たり約1時間程度です。

  • 10ページで10時間
  • トップページの仕上げで3時間
  • リンク付けやその他調整で1時間
  • サイドバーの仕上げ1時間
  • トップバナーの仕上げ1時間

平均すると10ページ程度のホームページでソフトを引っ越しした場合では、1日2時間程度の作業が可能な場合で、一週間くらいですべての作業が完了します。

 

ホームページの規模と、「シリウスにいかに早く慣れるか」にもよりますが、初めてシリウスを操作する人でも10ページクラスのホームページのソフト引っ越しで1ヵ月はかからないと思います。

 

そして一旦完成させてから、微調整でより綺麗な理想のホームページに近づける事ができます。

 

これは作業をしていくうちに、いろいろな機能に慣れてくるためです。難しいと感じるのは初めだけで、自転車と同じように、乗れてしまえばスイスイ作業は進み、面白味がでてきます。

 

ぜひソフト引っ越しに挑戦してください。