初めてのホームページ作成で見る動画

 

便利な無料ソフトと便利サイト一覧サイト作成ソフトシリウス、最短HPテンプレートの使い方解説お店、企業用ホームページの作り方ホームページで集客し、売り上げを延ばす方法グーグルの無料サービス一覧
HP作成 超初心者、高齢者講座サイト作成のFAQ記事一覧SEO対策実践編SEO対策基本編トップバナー用無料下地画像素材集

HTMLサイトとブログの違いは? ワードプレスってどんなサイト?

A まったく別物と考えてください!

データファイルの取り扱いがまったく違います。

HTMLサイト(以下サイト)は静的サイト、ブログサイト(以下ブログ)は動的サイトとも呼ばれています。これはサイトファイルの扱いがまったく違う事から、システム自体の根本的な運営方法が、サイトとブログでは異なっています。

 

まずサイトの場合は、自分のパソコンと、サーバー上でサイトファイルをアップロードしたりダウンロードしたりしますよね。いわゆる更新です。

 

書き換えや、新しいページを作成した場合にはFTPソフトでアップロードします。あなたのサイトファイルは、デスクトップとレンタルサーバーを行き来しています。

 

ホームページ

 

一方ブログの場合はこのような概念がありません。まずFTPでファイルをアップロードするという作業とは無縁です。簡単に言いますと、ブログの更新や記事の追加は、直接サーバー上書き換えを行っているという事です。

 

サーバー上に置かれたテンプレートのシステムの中身を変更してブログを構築しています。なので当初ブログを独自ドメインで作成する際、はじめにそのシステム自体をサーバーにアップロードする必要があります。

 

またレンタルサーバーの機能として、MySQL(データベース)やCGIと呼ばれるサーバー上のルールを構築できなければ、ブログは運営できません。

 

ホームページ

 

また上の画像にあるよう、閲覧者自身もこのシステムの一部に入り込む事ができます。なので投稿できるのは、管理者であるブログ運営者だけではありません。

 

そしてブログ運営者が管理する部分には、セキュリティがかかっています。これにより、閲覧者も記事の投稿ができるのですね。

 

このような感じで、ブログ運営者は、簡単に閲覧者とコミュニティをとれます。フォーラムなどがこの例です。いつもあなたが、ブログサイトを見ている感覚で例をあげてみますね。

 

トップページを見ています。そこには気になる記事のリンクがありました。そのリンクをクリックしますよね、、するとシステムはデータベースに格納されているその記事を取り出します。その取り出したファイルがブラウザに表示されて、その記事を見てるって事です。

 

なのでブログの記事を見ているという事は、直接サーバーのディレクトリのファイルを見ているのではありません。ここがサイトと違うところです。

 

ブログ記事はCGIというシステムでデータベースを出たり入ったりしています。その操作はあなたのクリックで指示されていることになります。このシステムを使う事で、閲覧者がブログに参加できるという事の他に、もうひとつの利点があります。

 

ブログって更新が頻繁にされて、記事がどんどん増えていきます。例えば10,000ページくらいになったとすると、これをサーバーのディレクトリだけで管理すると重たくなるのですね。

 

その記事ファイルをデータベースと呼ばれる別の倉庫に格納しておく事で、システム自体が軽くなるというメリットがあります。アメブロなど無料ブログも、おおまかこのようなシステムになっています。

 

このような感じで、HTMLサイトとブログサイトは、システムを構築する概念がまったく別物であると言えます。ワードプレスというのはこのようなシステムに対応したテンプレートになります。(ワードプレスは独自ドメインでのブログ運営の事を言います。)

 

 

 
カテゴリートップ

 

TOPへ