シリウスのスマホ対応性能がすごい!

初めてのHP作成の動画使ってはいけない企業系HP作成ソフト

 

無料ツールソフトの使い方ホームページの作り方Hpで集客する方法グーグルサービス
 
高齢者のホームページの作り方SEO基本編SEO実践編バナー用下地素材よくある質問
 

シリウスはスマホやアイフォンにどのように対応していますか?

 

サイト作成ソフトシリウスのスマホ対応性能について!

シリウスの2種類の携帯端末最適化の方法。

 

サイト作成シリウスの基本テンプレートはパソコン全ブラウザ、アイフォン、スマホでも最適表示されるレスポンシブウェブ対応になっていて、上位版、通常版にかかわらず、すべてのシリウスユーザーが使えます。その概要は下記の図の通りです。

 

通常版

[レスポンシブウェブ対応]

  • 生成されるフォルダがひとつのためパソコンのコンテンツと携帯端末のコンテンツは同じです。CSSでの調節で各端末の[横幅px]最適対応させています。

 

レスポンシブウェブ

 

上位版での追加機能

[レスポンシブウェブ対応]+[同時生成]

  • 同時生成の機能で各端末ごとに別々にサイトデータの入ったフォルダを生成します。この事で各端末で違った内容のコンテンツを表示あせる事が出来ます。

 

同時生成機能

 

この機能を使う場合は、基本のレスポンシブテンプレートに[同時生成]にチェックを入れる操作で、サイト生成の結果、3っのフォルダが作成されます。

 

サイト作成を始める段階で、レスポンシブで作成するのか、同時生成で作成するのかを決めます。この選択は、作成するホームページの性質によって変ります。

 

次にそれぞれ上位版・通常版の違いを、もっと詳しく解説します。

上位版と通常版の違い

 

シリウス上位版の携帯端末対応

 
3キャリア同時生成機能付き

 

シリウス上位版をご購入されますと、サイト編集画面の「サイトオプション」という項目で「アイフォンサイト、携帯サイトを同時生成する」にチェックを入れる事ができます。

 

作業としては、この操作だけです。
(チェックを入れないで、レスポンシブウェブとしてもサイト作成ができます。)

 

PC用のホームページを作成するだけで、自動的に携帯端末用のホームページフォルダが生成されて、そのままサーバーにアップロードすると、スマホ、アイフォン、ガラケーでも最適表示されます。特にスマホ、iphoneサイトを作成するという作業は発生しません。

 

  1. 「サイトオプション」
  2. 「携帯、アイフォンサイト設定」
  3. 「アイフォンサイト、携帯サイトを同時生成する」

 

※ シリウス管理画面

 

シリウススマホ設定

 

上記のように2回のクリックで携帯端末用の別フォルダを作成する事ができます。

 

スマホ、iphone同時生成の仕組み

 

シリウスでホームページを作成したとき、「サイト生成ボタン」でアップロードするためのフォルダが作成されます。このフォルダのファイルを「サーバーにアップロード」する事でホームページが見れるようになります。

 

このサイト生成の際、「アイフォンサイトも同時生成する」にチェックを入れた場合は下記画像のように、「スマホ、アイフォン用」「ガラケー用」のフォルダも、PC用フォルダと共に自動生成されているのです。3っ同時にサイト作成しているような感じです。

 

携帯端末からホームページを見た場合は、自動的にそのキャリアが判別され、それぞれこれらの専用フォルダの中身を表示させるわけです。

 

※ PC用ホームページフォルダの中の、「携帯端末専用」のフォルダ

 

シリウススマホ設定済みの生成フォルダ

 

このようにシリウスでは、一回の簡単な設定により全自動で、携帯端末に最適化されます。また、これらの携帯端末の表示性能は、グーグルのガイドラインに適合していて、SEOの観点からもスマホ最適化とグーグルに判断してもらえます。

 

端末によって異なる表示をさせる

 

ホームページを作成では、「PCでは表示させたいが、スマホでは表示させたくない」というコンテンツもでてきます。シリウス上位版ではこのような場合でも、上記の同時生成機能でキャリアごとにフォルダを生成する事により対応しているという事です。

 

動画・・・「キャリアの変更」
 

キャリアとは、パソコン、アイフォン、スマホ、ガラケーなどの端末の事です。

 

シリウス通常版の携帯端末対応

 

レスポンシブウェブウェブで携帯端末に対応しています。シリウス通常版をご購入後に、当初サイト作成の際、一番最初にテンプレートを選択する事になります。

 

このテンプレートのすべてがレスポンシブウェブテンプレートになっています。
(通常版はレスポンシブウェブのみで同時生成機能は付いていません。)

 

レスポンシブウェブでは、サイト生成の際、スマホやiphoneのフォルダを生成する事なく、PC用のホームページを作成するだけで、携帯端末に対応するホームページが作成できます。CSSと呼ばれる技術で携帯端末に最適化させています。

 

これがどういう事かと申しますと、ホームページを構成する「ソース自体」が、どんなブラウザの大きさでも対応できるように書かれているという事です。

 

なので、スマホ、アイフォン、ガラケーはもちろん、タブレットなどでも最適な表示がされるって事です。ホームページを映し出す画面(ブラウザ)の横幅にあわせて表示させる機能がテンプレート自体に備わっているってわけですね。

 

上位版との違いは、同時生成機能が付いていないので、携帯端末ごとに異なったコンテンツを表示させるという事ができません。

 

PCで表示されるコンテンツがそのまま全部携帯端末で表示されるという事です。この事は通常のホームページを作成されるのであれば、なんら問題はありません。

 

私はホームページを作成する仕事でサイトを企業・店舗に提供しています。もちろん上位版を持っていますが、同時生成機能は利用せず、すべてレスポンシブで作成しています。

 

特にPCサイトと携帯端末サイトのコンテンツの内容が同じで良ければ、通常版でも問題ないと言えます。ただ、上位版ではSEO対策機能が付いている事を検討して下さい。

 

下記記事は超重要です。必ず目を通してください。

よく読まれている関連記事

この電話番号記述の方法で集客10倍!!
 

トップページ ソフトの概要 Hp公開の方法 アクセス解析 特典のご案内 購入者メルマガ お問い合せ