ホームページ作成ソフトメニュー

取得したドメインでメールアドレスを作成するには?

A 簡単にメールアドレスは作れます。ルールを覚えましょう!

レンタルサーバーの管理画面で作成します。

※ 解説はさくらレンタルサーバーですが、他のサーバーでも要領は同じです。

サーバコントロールパネルにログインします。

メールアドrwス作り方

サーバーコントロールパネルでアカウントが表示されますので確認して下さい。後にメールソフトの設定についても解説しますが、POP3(受信)・SMTP(送信)を記述する場合に必要です。(メールソフトはアカウントごとに設定します)

メールを操作できるコンテンツに入る。

メールアドrwス作り方

メールアドレスを作成する作業は、レンタルしているサーバーでおこないます。

 

契約しているレンタルサーバーのコントロールパネルにログインするとメールに関する設定という項目がありますので、そちらをクリックします。

メールアドレスを追加する。

メールアドrwス作り方

@マークより手前の文字配列を決めます。そしてココで決めるメールパスワードがメールソフトを設定するときに必要なパスワードになります。

 

この状態で、追加をクリックするとメールアドレスのできあがりです。この当サイトのドメインで設定しますので、メールアドレスは、homepage@softsate.infoになります。

 

パスワードはさくらレンタルサーバーの場合、「8文字以上」「記号」を一部に記述する必要があります。設定したパスワードは必ずテキストエディターなどに記述し、まとめて管理するようにしてください。

容量制限を大きくしておく

メールアドrwス作り方

メールアドレス一覧から作成したメールアドレスを探し、変更をクリックします。

 

上記画像では容量制限が200MBになっていますが、このままではすぐに容量がいっぱいになってしまいます。なのでこの容量を大きくしておきます。

さくらレンタルサーバーでは10240MBまでの範囲で設定できますので、当初は制限いっぱいにしておいても問題ありません。

メールアドrwス作り方

容量制限の200を消して10240に書き変えます。尚、「メールアドレスの説明」の欄に、任意のテキストを入力しておいて下さい。管理画面で作成したメールの管理上の名前として表示されます。複数のメールを作成した場合、後で混乱するのを避けられます。

 

メールソフトの設定

メールソフトを設定して取得したアドレスを使えるようにします。どのようなメールソフトでもこの設定は「アカウント設定」から操作する事ができ、下記の項目を記述します。

 

  入力内容 設定
接続の種類 POP3 または IMAP4 POP3
受信サーバ

初期ドメイン名※1
または
独自ドメイン名

example.sakura.ne.jp
送信サーバ

初期ドメイン名※1
または
独自ドメイン名

example.sakura.ne.jp
受信アカウント メールアドレス mail@example.sakura.ne.jp
メールパスワード メールパスワード※2 メールパスワード

 

初期ドメイン名※1
初期ドメイン名とはレンタルサーバーを契約したときの、ドメイン名です。

さくらレンタルサーバーの場合
  • POP3(受信)サーバ: アカウント名.sakura.ne.jp
  • SMTP(送信)サーバ: アカウント名.sakura.ne.jp

 

Xサーバーの場合
  • 受信メール(POP)サーバー: アカウント名.xsrv.jp
  • 送信メール(SMTP)サーバー: アカウント名.xsrv.jp

 

exampleの部分に、アカウントを記述するという事です。

 

この送受信サーバーの設定は、独自ドメイン名でもOKです。これはサーバーを取得したときの初期ドメインの配下で独自ドメインが運用されるためです。

 

先ほどhomepage@softsate.infoというメールアドレスを作成しましたが、これは、さくらレンタルサーバーで作成したので、homepage@アカウント名.sakura.ne.jpと全く同じメールアドレスとなります。

 

レンタルサーバーの初期ドメイン名でも独自ドメイン名でもメールアドレスは作成できるという事です。メールパスワード※2についてはサーバーでメールアドレスを取得したときのパスワードを記述します。

 

このような事から解りますように、もしサーバーで独自ドメインをマルチドメインで運用する場合に注意が必要です。それぞれの独自ドメインでメールアドレスを作成する時は、@の前のテキスト配列を変更する必要があります。

 

そうしないと同一メールとなり、同じメールボックスを使う事になります。

 

 

 

 

 

TOPへ