ホームページ作成ソフトメニュー

通信方式がSFTPの無料FTPソフトはないですか?

A SFTPに対応 ファイル転送ソフト FileZilla [ファイルジラ]

FileZilla [ファイルジラ] の特徴!FFFTPより優れモノ!

一度使うとやめられない!

 

FileZilla ファイルジラ

 

ファイルジラはFTP/FTPS/SFTP対応で、複数のサーバに対して同時にファイルを転送できるなど、高機能ながらファイルの転送が高速で快適です。このFTPクライアントは、もちろんフリーソフトで尚且つWin、Macに対応し、日本語表示になっています。

 

ファイルジラを使う上で一番のお勧めポイントは高速転送である事です。私の感覚では4倍速にしたFFFTPの転送速度の5倍くらいあるのではと言うスピード感です。

 

また、使い方が特に難しいわけではなく、操作性はシンプルで初心者さんでも問題ありません。私はこの記事を書く直前までFFFTPを利用していましたが、ファイルジラを使うと、もうFFFTPには戻れません。っと言いますか、今までこのソフトを使わなかったのが悔しいくらいです!

 

FileZillaとFFFTPの比較

現在FFFTPを使っている方なら、ファイルジラに変更しても、その操作上で手間取る事や困る事はないはずです。FFFTPでよくあるダウンロードのエラーも少ないですし、大量のファイルを扱う場合でもスムーズなのでお試しください。

 

私の感覚での比較表
FileZilla FFFTP
セキュリティ比較

FTPS接続とSFTP接続

FTPS接続

動作環境

Windows

Linux MacOS対応

 

Windows対応

転送速度

非常に速い

インターフェイス

項目により色分け可能

使いやすい

 

使いやすい

起動速度

早い

普通

転送エラー

非常に少ない

エラー後の処理もスムーズ

大量のファイル転送で不満

日本語対応

 

FileZilla ダウンロードとインストールの方法

FileZilla ダウンロード

FileZilla [ファイルジラ] ダウンロード
「FileZilla_3.46.3_win64-setup.exe (推奨)」をクリック。

 

FileZilla ファイルジラ DL

 

ファイルジラには64ビット版32ビット版があります。現在量販店などで販売されているパソコンはほとんど64ビットですが、念のため「OS名+ビット数」で、ご自身のパソコンの性能をググってください。Windows7でも正規版は64ビットです。

 

FileZilla インストール

FileZilla インストールの手順

インストールの段階での表記は英語ですが、インストール後のエディットなどのインターフェイス等は、日本語表記になりますので初心者さんにもご安心して利用できます。

FileZilla.exeをインストール

FileZilla [ファイルジラ] ダウンロード

FileZilla Client

上記ファイルジラダウンロードリンクをクリックし、いったんデスクトップに.exeを保存し、右記画像のアイコンが表示されましたら、このアイコンをダブルクリックします。

 

この際、ウインドウズのセキュリティ設定によっては「このアプリがPCに変更を加えることを許可しますか?」と表示される場合がありますが「はい」をクリックして下さい。

 

I agree [許可する] をクリック

FileZilla Client

 

すでにFileZillaをインストールされている方

FileZilla Client

 

初めてファイルジラをインストールされる場合はこの画面は表示されません。ファイルジラをもうすでにインストールされていて、最新版再インストールする場合に表示されるコマンドです。

 

最新版を再インストールするには、ファイルジラを新しいバージョンに書き換えた上で、現状のファイルを削除する事を選択できますので、「add remove reinstall components 追加再インストールコンポーネントの削除」にチェックを入れ「Next」ボタンをクリック。

 

利用者の確認

FileZilla Client

 

ファイルジラをインストールするパソコンを複数で使う場合で、尚且つその全員がファイルジラを使えるようにする場合は次にチェック。

  • 「Anyone who uses this computer(all users)」

 

インストールするパソコンにログインできるユーザーだけがファイルジラを使用する場合は次にチェック。(パソコンログインパスを知っている人以外にファイルジラを操作されたくない場合。)

  • 「Only for me(UserName)」

 

どちらか選択して「Next」ボタンをクリック

 

デスクトップにアイコン作成

FileZilla Client

 

通常このとき表示される画面では、すべてのチェックボックスにチェックを入れます。一番下のチェックボックスはデスクトップにアイコンを作成するか、しないかの選択です。

 

すべてチェックを入れ「Next」ボタンをクリック

 

インストール先を決める

FileZilla Client

 

インストール先を指定しますが、デフォルトで表示されている「Cデスク」のプログラムファイルフォルダのままで大丈夫です。こちらのインストール先を任意で別の場所に指定し保存した場合、ソフトが動かない可能性があります。

 

「Next」ボタンをクリック

 

FileZilla Client

 

そのまま「Next」ボタンをクリック

 

不要なアプリをインストールしない設定

FileZilla Client

 

ファイルジラを利用するに当たって、必要のないアプリ「AVAST! Free AntiVirus」のインストールを拒否します。上記の画像の下にチェックが入っている場合は、必ずチェックを外します。

 

「Next」ボタンをクリックでインストールの開始

 

インストールの開始

FileZilla Client

 

「Finish」をクリックするとセットアップが完了して、デスクトップにアイコンが表示されます。今後このアイコンをダブルクリックする事でファイルジラが起動します。これでインストールが完了しました。イントール直後は自動でブラウザにファイルジラが立ち上がっているはずです。

 

ファイルジラの初期設定

立ち上がったファイルジラの画面説明

まずはインストール後に立ち上がった初期画面の状態(下記画像)で、それぞれのエリアの意味を把握してください。この後、初期設定をして、実際にアップロードしていくことになりますが、それらの理解がスムーズになります。

FileZilla Client

 

「エリア@ A」左側の赤い範囲内[自分のパソコン内]を表示しているエリア。

 

エリア@

パソコン内のすべてのファイルにアクセスできるエリアで、上記画像ではデスクトップがクリックされた状態で、青色反転し選択されています。

 

エリアA

エリア@で選択したフォルダの下階層(中身)が確認できる。上記画像ではエリア@でデスクトップが選択されているので、エリアAではデスクトップ上に置かれているファイル、フォルダ、ソフトなどの詳細な情報が表示されています。

 

エリアB

右側の青い範囲がサーバー内のエリアです。エリアAからエリアBにファイルを移動(転送)させてアップロードする事になります。

 

エリアC

ファイルの転送状況を確認できます。

 

ファイルジラの初期設定

ファイルジラでアップロードするには、サーバーのアカウントをファイルジラに設定する必要があります。サーバー情報をご用意してください。

 

これらのサーバーアカウント情報は、レンタルサーバーを契約したときに送られてくるメールに記載されています。

サーバーアカウント設定 [サーバー情報の登録]

FileZilla Client 設定

 

ファイルジラにサーバーのアカウントを設定する事で、[1]エリアBの部分にサーバー内の階層構造が表示され、アップロードできるようになります。

 

アカウント設定は、[2]の矢印の先の赤枠で囲った部分の[アイコン]をクリックしますと、「サイトマネージャー画面」 [下記 手順2 画像]が表示されます。

 

一旦こちらへの登録が完了しますと、次回からこのアイコンの右側にある▼三角ボタンをクリックする事で接続サーバーが表示され、ダイレクトにサーバーとつながります。

 

サイトマネージャー [サーバー登録画面]

ファイルジラの初期設定

 

サイトマネージャーを開いたら、[新しいサイト(N)]をクリックします。

 

接続先名を決める

ファイルジラの初期設定

 

[接続先名]を記述します。デフォルトの青色反転の表示は「新規サイト」となっています。ここでの記述は任意ですが、サーバー会社の名前にしておく事をお勧めします。将来複数のレンタルサーバー会社と契約した場合にアップロードミスが防げるためです。

 

こちらの記述は、[名前の変更(R)]をクリックすると後で変更可能です。

 

FTP情報の入力

下記画像では接続先名「さくらサーバー」で入力しています。サイトマネージャーでは下記画像の3っの赤枠内の項目を入力していきます。

 

ファイルジラの初期設定

 

ご自身が契約されているサーバー情報をもとに必要事項を入力します。入力は3箇所です。

サーバーでの名称

ホスト(H)

FTPサーバ名

aaaaa.sakura.ne.jp

ユーザー(Y)

FTPアカウント

ホスト(H)のアカウント部分

aaaaa

パスワード(W)

サーバーパスワード

契約したサーバーのパスワード

 

接続をクリック

ファイルジラの初期設定

 

3箇所のサーバー情報が入力できましたら [接続(C)] ボタンを押します。

 

これで初期設定は完了です。この初期設定が完了しますと、次回から下記画像のように @三角ボタンをクリックする事で、先ほど設定した接続名が表示されます。この接続名をクリックする事で、サーバーに接続できます。

 

(私はXサーバーも登録しているので下記の表示になります。)

 

ファイルジラの初期設定

 

ホームページをアップロードする

ホームページをまだアップロードされていない場合

サーバー側にホームページのフォルダを作成する
アカウントのwwwフォルダを右クリック

下記画像は、ファイルジラを接続した直後の画面でアカウント [1] の左の+ボタンを押し、[2] wwwフォルダをクリックして青色反転させてから右クリックした状態です。

 

ファイルジラのホームページフォルダの作成

 

ディレクトリの作成(C)をクリック

ファイルジラのホームページフォルダの作成

 

ディレクトリ名を記入

新規ディレクトリ名をホームページのタイトル名など、自分が解りやすい名前で記述します。記入後 [OKボタン] をクリック。

 

ファイルジラのホームページフォルダの作成

 

アップロードの場所

上記作業でホームページをアップロードするフォルダが作成されました。ホームページをアップロードした後は、下記画像 [黒枠]タイトルと表示された左側に+ボタンが表示され、+ボタンをクリックするとホームページ内のフォルダのみが表示されます。

 

上部 [黒枠] のタイトルと表示されているフォルダをクリックする事で、下部 [青色] で囲まれた部分の下に、ホームページファイルをアップロードするエリアができます。[青色]で囲まれたエリアの下の空白部分が、実際にホームページをアップロードする場所です。

 

要するに、上部の[黒枠] のホームページタイトルフォルダの中の状態が、下部の[青枠部分] という事です。次のコンテンツ「ホームページがすでにアップロードされている場合」もあわせてご覧頂きますと階層構造が理解しやすくなります。

 

ファイルジラのホームページフォルダの作成

 

ホームページがすでにアップロードされている場合

サーバー側の階層構造を確認する

接続をクリックすると、サーバーの アカウントフォルダ [1] が作成されています。下記画像はそのアカウントフォルダ [1] の左の+ボタンをクリックした状態です。

 

ファイルジラのホームページフォルダの作成

 

[2] はホームページを格納するためのwwwフォルダです。[3] にもwwwフォルダが見えていますが、実際にホームページをアップロードするのはこの [3] のフォルダ内です。なのでホームページをアップロードするためには、この [3] のフォルダを開く必要があります。

 

[3] のwwwフォルダを開くためには、まず、上記画像 [2]wwwフォルダをクリックします。クリックしますと下記画像のようになります。

 

ファイルジラの初期設定

 

上記画像は、私のサーバー内のwwwフォルダの中身です。wwwフォルダに格納されているホームページが複数見えています。ホームページをすでにアップロードされていて、今回ファイルジラを導入された方はこのように見えているはずです。

 

ホームページをアップロードするには、上記画像赤枠内の複数のホームページフォルダの中から、アップしたいホームページのフォルダを開く必要があります。

 

ホームページのフォルダを開くためには、下記画像 [wwwフォルダ] 左側の+ボタンをクリックします。クリックした状態が下記画像です。

 

ファイルジラの階層とアップロード

 

ホームページのフォルダを開く

下記画像 [1] のようにアップロードしたいホームページファイルを選択します。そうしますと[2]赤枠の部分に,、その選択したホームページフォルダの中のファイルが表示されます。このまでの操作で、ようやくホームページファイルが確認されました。

 

ファイルジラの階層とアップロード

 

A の矢印の先に、赤丸で囲った[フォルダ....]が表示されていますが、このフォルダマークは、[1] のフォルダである事を示しているだけで、サーバー内には存在しないフォルダです。

 

ホームページのアップロード

ホームページのアップロードの方法は2種類あります。ファイルジラからホームページファイルを選択する方法と、パソコンのブラウザから直接ドラックアンドドロップする方法です。

注意点1 アップロードするファイルは、ファイル名を必ず半角英数字に変更下さい。ファイル名が日本語の場合は [転送エラー] になります。

 
アッロードの方法 [1]

 

ファイルジラでファイルを選択する方法

ファイルジラのアップロード

 

上記画像で青い枠で囲んだ B の部分に サーバー側の ホームページのファイルを表示させます。次に赤枠部分 A で、ホームページが格納されているフォルダを選択します。

 

下部エリアにホームページファイルが表示されましたら、アップロードしたいファイルを青色反転させ[右クリック]します。タブが開きましたら、一番上の[アップロードボタン]をクリックします。このクリック操作で転送が開始されます。

 

アッロードの方法 [2]

 

ドラックアンドドロップ

ファイルジラのアップロード

 

ドラッグ&ドロップで転送させる場合は、filezillaからのドラッグ&ドロップ、またはパソコンの外部からのドラッグアンドドロップ、どちらでもアップロードできます。

 

転送ルート上記画像 [1]
Filezillaからドラッグ&ドロップする場合は、A のエリアでホームページのフォルダを選択し、B のエリアにホームページファイルを表示させます。この状態で、Bエリアの転送させたいファイルを青色反転させ、ドラッグ&ドロップで C にアップロードします。

 

転送ルート上記画像 [2]
外部からドラッグ&ドロップする場合は、直接 C のエリアに転送してください。

注意点2 ドラッグ&ドロップする場合は、Cエリア空白の何もないところにファイルを置くようにします。間違ってホームページのフォルダ上で展開してしまうと、そのフォルダの中に転送されてしまいます。このミスをしてしまうと大変面倒なので、くれぐれもお気を付けください。

 

ファイルの上書きダイヤログの設定方法

上書きダイヤログが表示された場合

初めてアップロードすると下記画像のような設定コマンドが表示されます。アップロードしようとするファイルがすでにサーバー上に存在する場合に、その処理方法の設定です。

 

要するに今後ファイルジラを利用するにあたって、上書きの処理方法を自分が使いやすいように設定しておく事ができると言う事です。この設定をしておくと、次回からここで設定した内容でアップロードされ、自動で上書き処理が実行されるので便利です。

 

ファイルジラの上書きダイヤログ

 

お勧めの設定
画像内 A 項目のアクション
上書き(O)にチェック

 

画像内 B 項目

「常にこのアクションを使用する(A)」にチェック

 

画像内 C 項目

「現在のキューだけに適用する(C)」にチェック

 

上記が私が利用している設定です。この設定ではアップロード毎にダイヤログが開き、2箇所にチェックを入れる必要があります。しかしこれは作業が慢性化するとミスを犯しやすくなると言う理由からであり、この手間は時間がかからないので必要だと感じているからす。

「アップロードにのみ適用する(P)」にチェックを入れると、アップロード時に、上記のダイヤログが開く事なく、即アップロードが実行されます。

ダイアログ表示の解説

A 項目アクション
チェック項目

動 作

上書き(O)

無条件でそのままファイルが上書きれる。

ソース新しければ

上書き(I)

アップロードしたいファイルの方が新しければ上書きする。

サイズが異なる場合は

上書き(D)

アップロードするファイルとサーバー内のファイルサイズが異なる場合は上書きする。

サイズが異なるか

ソース新しければ上書き(Z)

アップロードするファイルとサーバー内のファイルサイズが異なる場合と、アップロードしたいファイルの方が新しければ上書きする。
(I)と(D)を同時に実行

再開(R)

アップロードを中断していた場合、中断したところから続きを実行する。

名前を変更(N)

アップロードするファイルが上書きされないように、ファイルの名前を新たに変更してアップロードする。

スキップ(S)

転送しない。ファイルのアップロード自体をやめる。

 

B 項目
チェック項目

動 作

常にこのアクションを

使用する(A)

下記(C)(P)のチェックを常に実行する。チェックを入れると、残りのファイルに対しても同じオプションが自動的に適用される。

C 項目
チェック項目

動 作

現在のキューだけに

適用する(C)

今回のアップロードにのみ実行し、B項目にチェックを同時に入れる事で、選択したファイルは以下ダイヤログを開かずに同じ設定でアップロードする。また、次回からもこの上書きダイタログが表示される。

アップロードにのみ

適用する(P)(A)

今後のアップロードに適用する。B項目にチェックを同時に入れる事で、今後この上書きダイヤログは開かれずにアップロードが始まる。

 

ダイタログを設定する意味

ファイルが大量に存在するホームページをアップロードする場合に、ひとつひとつのファイルに対してダイヤログが開くと、そのたびに上書き設定のチェックを入れる事になります。

 

これは非常に手間で時間がかかります。アップロードでは、HTMLファイル、画像やCSS、PHP、など、仮に1,000個ファイルがあれば、1,000回上書き設定が必要になるわけです。

 

この手間を省くためにオプションの[常にこのアクションを使用する(A)]が存在します。

 

この事は実際にアップロードの際、ダイヤログの設定を色々変えてみて頂きますと解りやすいです。ただ設定の方法によっては、アップロードの際にダイヤログが開かなくなってしまいます。この場合の対処方法を次で解説します。

 

ダイヤログを手動で開く方法
[転送(T)]をクリック

上書きのダイヤログがアップロード時に開かない場合、手動で表示させる方法。まずファイルジラを開いた直後の一番上に表示されるアクション項目の[転送(T)]をクリックする。

 

ファイルジラの上書きダイヤログ

 

[ファイル存在時のデフォルトのアクション(D)]をクリック

ファイルジラの上書きダイヤログ

 

アップロード(U)の表示を変更する

下記画像[アップロード(U)]の右の ▼印 をクリックしてコマンドを開く

 

ファイルジラの上書きダイヤログ

 

アクションを尋ねる

[アクションを尋ねる]をクリックして、OKボタンを押すと、次回から上書きのダイヤログが開いて、上書きの設定を変更する事ができます。

 

ファイルジラの上書きダイヤログ

 

ファイルジラを使ってみた感想と反省

私はFFFTPを8年以上利用していたため、ファイル転送のソフトとして、操作性や快適性ではFFFTPが一番だと思い込んでいました。なんの問題も感じなかったからです。

 

っと言いますか他のソフトを探す、試す、という精神のひとかけらもありませんでした。

 

セキュリティ的にFFFTPは甘々なソフトであるとは知っていましたが、つい「みんな使ってるし、、、」と言うダサい考えであったため、このサイトでもFFFTP一押しとしていました。

 

そもそも私がFFFTPからファイルジラに乗り換えた理由は、ウィンドウズ10を入れてから、あまりにもFFFTPでエラーが多くなったためです。win7の時はそうでもなかったのですが、win10ではダウンロードさえもまともに出来ないような悲惨な状態でした。

 

その頃から他に何か良い転送ソフトはないものかとググりだしたのですが、WinSCP等いろいろフリーソフトを試した中、ファイルジラが一番操作性でFFFTPに近く、初心者さん向きでこのサイトでも紹介しやすいのではないかとなりました。

 

そして、いざファイルジラを使ってみると、ほんとに今までなんで使わなかったのかを後悔するほど快適で、遅いながらも急遽記事を書いたという訳です。

 

このページの冒頭でも書きましたが、ファイルジラの一番のお気に入りは転送スピードが非常に早い事です。私は無線 LANを使っていて、その時の接続状況にもよりますが、サイト作成ソフトシリウスに付属しているFTPと同じぐらいか、やや速いスピードで転送してくれます。

 

この当ホームページのファイルは、合計3,000個ぐらいありますが、FFFTPで転送した場合は、シングルで6分ぐらい 4倍速で3分ぐらいかかります。しかしファイルジラを使った場合では、わずか50秒ほどで転送が完了します。尚且つ今のところNoErrorで過ごしています。

 

また、アップロードの頻度が高いホームページがある場合、ファイルジラを立ち上げた時点で自分のパソコン側、つまりローカル部分に、そのアップしたいホームページのフォルダとファイルが、既に立ち上がっている状態である事がGOODです。

 

このようなこともスピードアップにつながりストレスを感じるような事がありません。

 

今回のファイルジラの記事では説明しきれていない機能の方が多いくらいで、ホームページの運用状況によっては、その機能をすべて網羅すると、今までとは比較にならないほどアップロードという作業が楽になるはずなので是非お試しください。

 

今回はさくらサーバーでの設定で解説しましたが、Xサーバーのように、ドメインを設定すると、自動的にサーバー側にホームページ格納フォルダが作成される場合もあります。

 

またXサーバーでは、「wwwフォルダ」ではなく、アカウントからスラッシュ(下の階層)で直接「public パブリックフォルダ」という名前でホームページ格納フォルダが作成されます。

 

階層表示が「さくらサーバー」とは異なっている訳です。

 

他のサーバー会社にも言えますが、このようなフォルダの作成方法に違いはあっても、ファイルジラ内でのアップロードの基本的な操作方法は全く変わりません。ご自身のサーバー会社と、ホームページの運用方法に適した設定でファイルジラを利用して下さい。

 

このサイトでは、FFFTPに関するご質問のメールが大変多く届くため、関連する記事は残しています。ですが、もうFFFTPには戻れません!これがファイルジラへの私の感想です。