アナリティクスアクセス解析の概要

無料ツールソフトの使い方ホームページの作り方Hpで集客する方法グーグルサービス
 
初めてのHP作成の動画SEO実践編高齢者のホームページの作り方よくある質問
 

アナリティクスアクセス解析の概要

グーグルアクセス解析の全体的な大きな流れ!

 

 

グーグルのサービスを利用する

この登録で返信されるグーグルからのメールは死守!?

 

新しい Google アカウントを作成 画面へ
グーグルアナリティクス

 

アクセス解析

グーグルアナリティクス

 

高性能アクセス解析ツールです。サーチコンソールと密接に関係していますので、
連携させる事で、複数のサイトの様々な情報を得る事が出来ます。

 

グーグルアナリティクスに新規登録

 

グーグルアナリティクス

 

初めて登録される方へ アカウントについて

 

グーグルのアカウント

グーグル自体にメールアドレスによりアカウント登録する必要があります。
このアカウントはグーグルの全てのサービスに共通するものです。

 

グーグルの主なサービス

  • グーグルアナリティクス
  • サーチコンソール
  • グーグルアドセンス [AdSense]
  • グーグルクローム [Chrome Sync]
  • グーグルプラス [Google+]
  • ユーチューブ [YouTube]
  • ウェブ履歴管理
  • プロフィール管理

 

アナリティクス設定

 

アナリティクスのサイトアカウント

アカウントの意味がわかりません?

グーグルのサービス自体へのアカウント登録・・・グーグルアカウント登録。
アナリティクス内のアカウント登録・・・ホームページのアカウント登録。

グーグルアナリティクスで解析するサイトを登録する場合に下記のホームページの
アカウント登録が必要です。このホームページは上記のグーグルアカウント
とは別で、アナリティクス内のホームページのアカウントになります。

 

アナリティクス設定

 

アナリティクスの全てのホームページの管理とサイトアカウント登録はこちらからになります。
[アナリティクス設定] クリック
グーグルアナリティクス

 

新しいホームページのアカウント設定

 

トラッキングコードの取得もこの先で出来ます。
アカウントのタグの右▼クリック。
グーグルアナリティクス
タグが開いて 「新しいアカウントを作成」 クリック。
グーグルアナリティクス

 

  • ウェブ プロパティの設定
  • ウェブサイト名
  • ウェブサイトの URL
  • レポートのタイムゾーン(日本)
  • 業種
  • アカウント名

 

などを記入し、最後に [トラッキングID取得] クリック。
グーグルアナリティクス
※ トラッキングコードのタグはヘッド内のメタデータの下に記述します。/headの直前。

 

ヘッド始 head
metaデータ
metaデータ
トラッキングコード
ヘッド終 /head

 

ユーザー サマリーで実際にサイトへの訪問者数などを確認できるまで、
24時間以上必要です。 ※ ユーザー サマリー・・・管理画面のトップページ

 

すでにアカウント登録されたホームページのトラッキングコードの確認。

 

プロパティーの設定
[トラッキング情報] クリック。
グーグルアナリティクス

 

このページのトップ

グーグルにホームページをインデックスさせる

インデックスのリクエスト送信

 

グーグルにホームページの存在を知らせます。この送信によって、グーグルに
インデックスさせます。(クローラーにサイトを認知させる事)

 

リクエスト送信の画面へ

 

グーグルアナリティクス

 

インデックスの確認

 

@ まずホームページのURLから、http://を削除。

A site:を追加する。

B グーグルの検索窓に記述。→検索。

 

例)ご覧頂いているこのホームページの例
URL http://softsate.info/

site:softsate.info/→この文字配列で検索。

 

※ インデックスされるのに、5日から3週間程度必要です。

この検索結果で、いつ検索エンジンに登録されたかがわかります。
ホームページを更新した場合も確認できます。

 

グーグルアナリティクス

 

検索結果画面です。トップページだけではなくキャッシュされている
全ページが表示されます。リンクをクリックする事で、ホームページがいつ
インデックスされたかも確認できます。

 

このページのトップ

グーグルサーチコンソール登録

検索クエリなど重要な情報が把握できますので、アナリティクスとセットで
登録しておくと便利です。

 

サーチコンソールに新規登録

 

グーグルアナリティクス

 

サーチコンソール内での設定

サイトマップの送信

 

サイトの構成をグーグルに認識させるためのxmlファイルをグーグルに送信します。
(ホームページのホームページ内のマップではありません。)

 

サイトマップ作成サイトでファイルの生成

Xml−sitemaps.com バージョン0.9 上限500ページ
FC2 サイトマップ バージョン0.9

 

ファイルのアップロード

生成されたサイトマップをメモ帳にコピーし、ファイル名を、sme_sitemap.xml
で保存します。このファイルを、ホームページのトップディレクトリ(一番上のフォルダ)に入れて、アップロードします。

 

絶対パスで記述し、送信

サーチコンソールにログインして管理画面左のタブ[クロール]からサイトマップクリック。
http://○○○○/sme_sitemap.xmlが絶対パスになります。
サイトマップ

 

サイトマップ 正しく送信されると下記のように送信されたページ数が表示されます。
次にクローラーがキャッシュした時点で [保留] の表示が、
インデックスに登録された [ページ数] に変更され表示されます。
サイトマップ

 

ネット上では、この操作によって検索エンジンがより詳しいホームページの構成を認識し
インデックスが早いのでSEOに有利であると、されています。
しかし実はこの設定がすごく重要で、絶対に必要、、、っというわけではありません。

 

この操作はそもそもサイトのページ数が、数千数万ページを超えるような巨大サイトで、
必要な場合もある、という程度です。そもそもグーグルは、サイトマップを送信したから
といって、確実なインデックスを保証するわけではない、っと明言しています。

 

それと正しくホームページが構成されている場合は必要なし、、ともされています。

 

ただ私の経験では、サイトマップを送信しておく事で、ブログの更新の際のキャッシュ
が早いという感覚があります。偶然かもしれませんが2〜3時間でインデックスされた
ことがあります。

 

いずれにせよ、このようなシステムがある以上は、やらないよりやった方が良いと
いう程度です。サイトマップを送信しからといって、害はありませんので、、、、

 

しかし「やらないよりやった方が良い」という事項はSEO対策ではよくあります。
私は小さな積み重ねを、怠り無く、正しい方法で行った者が勝つ、という考え方です。

 

このページのトップ

アナリティクスとの連携

 

グーグルアナリティクスとサーチコンソールはデータを共有し、密接な関係が
あります。このプロパティを有効にする事で、サーチコンソールのデータが
アナリティクスに供給されアナリティクスの [検索エンジン最適化] のタブで、
検索クエリなど、様々なデータが確認できるようになります。

 

アナリティクスでアカウントのあるサイトの管理画面を開きます

 

[トラフィック]→[検索エンジン最適化]→[検索クエリ] をクリックすると、
トラフィック

 

次のような表示がされます。サーチコンソールのデータを
アナリティクスで共有する事ができるようにするための、操作説明です。

 

アナリティクス画面

 

共有操作ー1

管理画面右上 [アナリティクス設定]→中央の列 [プロパティ]
→一番上ノタブ [プロパティ設定]→下方 [サーチコンソールの設定][編集]

 

アナリティクス画面

 

共有操作ー2

[アナリティクスでサーチコンソールのデータを使用する] の画面で
共有するホームページにチェックをいれ[保存] クリック。

 

アナリティクス画面

 

共有操作ー3

OKをクリックするとアカウントの画面に戻るので [適用] をクリック。
これでアナリティクスの管理画面トラフィックの検索エンジン最適化の機能が、
全て使用できます。

 

[検索クエリ] [ランディング ページ] [地域別サマリー]など確認して下さい。

 

キーワードと検索クエリとの違い

キーワード

グーグルの検索エンジンがサイトをクロールしたときページ単位で最も
重要だと判断した単語やフレーズがキーワードとなります。
グーグルがサイトのコンテンツをどう判断したのかを確認できる。

 

検索クエリ

※ 実際にユーザーが検索窓に記述した単語。
管理しているホームページのページが検索結果上に表示された際に
ユーザーが検索した単語やフレーズが検索クエリ

 

ホームページ作成の際にキーワードを選定します。検索クエリを知ることで、
ユーザーが実際に、検索窓に打ち込んだ語句が解り、
そのキーワードとのズレを知る事が出来ます。

 

クローラーが拾い出したサイトの重要な言葉がキーワードで、
ユーザーの実際の検索に使った言葉がクエリです。

 

当然ターゲット(見込み客)の思考とキーワードは一致している事が
濃いアクセスになります。

 

そしてクローラーが拾ったキーワードとあなたが決めたキーワードは、
ほとんど同じはずです。これがズレていると言う事はコンテンツ(文章の中)で、
キーワードが適切に使用されていないという事になります。

 

検索クエリ検索エンジンが拾ったキーワードあなたが考えたキーワード

 

この3っのワードが一致している事がSEO対策の基本ではないでしょうか?
これがズレるとライバルの数もかわってくる事になりますよね!

 

グーグルのサービスをまとめて管理

 

グーグルダッシュボード

上記のサービスの管理が一括で行えるグーグルの管理画面。

 

グーグルダッシュボードにパスワードでログイン

 

このページのトップ

その他のアクセス解析ツール

無料で高機能なお勧めアクセス解析ツールのご紹介!

 

QLOOKアクセス解析

 

SEO/SEMツールのフェレットプラス

 

i2i アイツーアイアクセス解析

 

 

 

« グーグルアクセス解析トップにもどる   次のアナリティクスの基本画面と用語解説 »

 

トップページ このページのトップ

アナリティクスアクセス解析の概要の関連ページ

アナリティクスの基本画面の見方と用語解説
アナリティクスを実際に使う前に、基本的な操作方法を解説します。当初アナリティクスにホームページを登録する際、トラッキングコードの取得まで設定する必要があることと、ある程度の用語と基本操作をわかっていたほうが、解析方法を理解しやすいため、概要を解説しています。
アナリティクス登録とトラッキングコード設置
ホームページをアナリティクスに登録する方法と、トラッキングコードをホームページに設置する方法を解説します。またアナリティクスでホームページの解析をしていくのに基本的な用語を説明します。
アナリティクスユーザーサマリーの使い方
ユーザーサマリーの基本的な使い方を解説します。ユーザーサマリーはアナリティクスの基本画面で、アカウント、プロパティ、ビューについて理解しておいた方がよいです。ビューについては、今後アクセス解析で、自分のアクセスを除外する設定で、使用します。
サーチコンソール登録
サーチコンソールにホームページを登録する際に必要な設定を解説します。ホームページの所有者の本人確認方法や、サイトマップの送信など理解しておきます。
サーチコンソールの使い方
サーチコンソールの基本的な操作を解説します。当初慣れないグーグル用語で、とまどうかもしれませんが、各コンテンツ用語の意味がわかるとサーチコンソールで何がができるかが把握できると思います。
サーチコンソールとアナリティクスの統合
サーチコンソールの機能である検索エンジン最適化のデータをアナリティクスで確認する方法を解説します。アナリティクスをサーチコンソールにリンクさせるだけなので是非設定しておきましょう。
マイレポート一覧とショートカット
アナリティクスの使い方の応用。マイレポート一覧とショートカットの使い方を解説します。マイレポートはアナリティクスの項目を自分で設定でき使いやすくまとめる事ができ、ショートカットはお気に入り感覚で、各解析機能を登録する事ができます。
インテリジェンスイベントとリアルタイム
アナリティクスの使い方の応用。インテリジェンスイベントとリアルタイムの使い方を解説します。インテリジェンスイベントではホームページのアクセツ解析の結果で大きな変動があった場合にグーグルから通知を受けることができ、リアルタイムでは今現在の訪問者とその属性なども詳しく知ることができます。
検索クエリと行動フローでアクセスアップ
アナリティクスの使い方の応用。検索クエリと行動フローの使い方を解説します。実際アクセス解析での目標は、解析によりホームページの状態を知る事と、訪問者を増加させるためにホームページを改善していく事にあります。また今後訪問者に好かれるホームページを作成するためのヒントが得られます。

トップページ ソフトの概要 Hp公開の方法 SEO対策基本編 アクセス解析 特典のご案内 購入者メルマガ お問い合せ