PING送信とRSS

無料ツールソフトの使い方ホームページの作り方Hpで集客する方法グーグルサービス
 
初めてのHP作成の動画高齢者のホームページの作り方よくある質問
 

PING送信とRSS

ブログのアクセスアップのためのPing送信とRSS機能

Ping送信!

 

ブログの更新があった事を、Pingサーバーに対して、
Ping送信をする事によってインデックスさせます。

 

最新記事が検索対象のデータベースに追加されるという事です。

 

Pingサーバーはブログの更新情報(URL,タイトル)を、
XML形式で、受信しているサーバー(サイト)で、この更新情報を
クローラーがキャッシュし、検索結果に表示させます。

 

この更新情報はサイトのタイトルURLだけで、
要約文(スニペット)は含まれません。

 

なのでPingサーバー(サイト)からの直接のアクセスを、
見込むという事ではなく、検索エンジンへの、

 

最新記事の早いインデックス

 

が、本来のメリットになります。
(記事の表示が約束されている訳ではないのですが、、、)

 

ただPing送信先をあまりたくさん設定してしまうと、サーバーエラーが
発生したり、更新そのものが遅くなってしまいます(重くなる、、、)ので、
10〜20ぐらいが適当な送信数だと考えて下さい。

 

主なPing送信先

Yahoo! JAPAN
http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2

FC2ブログ
http://ping.fc2.com


FC2ブログ
http://ping.fc2.com

gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC


livedoor Reader
http://rpc.reader.livedoor.com/ping

Googleブログ検索
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2


BOGOOLE
http://www.blogoole.com/ping/

JUGEM
http://jugem.jp/?mode=NEWENTRY


BlogRolling
http://rpc.blogrolling.com/pinger/

Weblogs.Com
http://rpc.weblogs.com/RPC2


その他
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://rpc.pingomatic.com/
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.myblog.jp/
http://ping.exblog.jp/xmlrpc
http://rpc.technorati.jp/rpc/ping
http://ping.speenee.com/xmlrpc
http://ping.ask.jp/xmlrpc.m
http://www.accelanavi.com/anavi/ping.php
http://rpc.blogrolling.com/pinger/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://ping.namaan.net/rpc/
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://ping.blogoon.net/

※ 無料ブログではほとんどPing送信先が既に設定されています。

 

RSS

RSSはPing送信と異なり、ブログ読者の意思で、機能が成立するため、
直接のアクセスに深い係わりがあります。

 

ブログサイト管理者とユーザー

 

管理者

ブログサイト管理者の記事投稿は、毎日でもなく、また決まった時間に
作業をしているわけでもないので、その更新は不定期になります。

 

しかしせっかくサイトを更新したならば、やはり記事が新鮮なうちに、
読者に閲覧して欲しいものです。

 

ユーザー

ユーザーにお気に入りのブログがあった場合、そのブログの最新記事は、
早く見たいはずです。しかしブログが更新されているかどうかは、
当然サイトにアクセスしないとわかりません。

 

せっかくサイトに訪問しても、必ず更新がされているわけではないです。

 

そこで両者にメリットのある機能RSS

 

Rich Site Summary

 

ブログの発信者の最新記事がRSSファイルに書き込まれる。

 

[RSSファイル]・・・最新記事のタイトルや記事の概要

サイトマップ

ユーザーはブログのRSSURLを取得しRSSリーダーというソフトで、
RSSファイルの最新情報を受け取り、新着情報を確認できる。

 

[RSSリーダー]・・・Webサイト上でリアルタイムでRSSをチェックし、
新着情報を確認すると、RSSURLを取得したブログの、情報(タイトルや概要)
を表示します。またRSSリーダーは複数のブログを登録・管理できます。

 

ユーザーがお気に入りブログのRSSボタンサイトマップを押す。

 

※ RSS2.0の場合にはこのような画面が表示される。
サイトマップ

 

サイトマップ

 

※ 利用者にとってはお気に入り登録とさほど変わりません。
サイトマップ

 

サイトマップ

 

このシステムでのユーザーの必要作業。

 

RSSリーダーの取得

 

@ Webブラウザ型・・・取得作業の必要ありません。

  • エクスプローラー7には機能が組み込まれています。
  • Sleipnir
  • Firefox
  • Opera
  • Lunascape

 

サイトマップ

これらのブラウザを使っているユーザーは、新着情報を確認したいブログの、このボタンをクリックするだけで、そのブログを登録できます。

このボタンはRSSのURLを示しています。

 

A Webサービス型・・・RSSリーダーを取得する必要があります。

このほか、メーラー型、やティッカー型がありますが、今後はエクスプローラー7にも
標準搭載された事から、Webブラウザ型を使う人がほとんどになると思います。

 

RSS機能でのサイト作成者のメリット。

 

クローラーの巡回頻度向上・・検索エンジンが早い段階で、
最新情報をキャッシュしやすくなる。

 

ブログをお気に入りに登録してもらっている事になる・・ホットなユーザーの定着。
RSSを外部のサイトに読み込まれている・・自然的な被リンクによるSEO効果。

 

ワードプレスでのRSSボタンの設置

 

テンプレートを利用される方は、最初からRSSが導入されている場合もあり、
ほとんどの場合、表示、非表示の設定だけになるはずです。

 

ウィジェットを利用する場合。

 

・・・ダッシュボード
「外観」→「ウィジェット」→「RSS」の順にクリック。
→RSSフィードのURLを入力します。

 

ログインリンクの下に [投稿のRSS] という項目が追加されます。
ウィジェットを利用した場合は設定した件数分の記事の頭が表示されます。

 

購読者数の表示・・・プラグイン(Feed Statistics)の追加。

 

・・・ダッシュボード
[プラグイン]→[新規追加]→「Feed Statistics」の順にクリック。
ダッシュボードの左列に [メニュー] が追加されます。
設定画面で、購読者数が表示されます。

 

« 各種サイトへの登録にもどる   次のトラックバック »

 

トップページ このページのトップ

PING送信とRSSの関連ページ

ソーシャルブックマーク
ソーシャルブックマークに登録。高い被リンク効果でSEO。
各種サイトへの登録
効果の高い被リンクゲット。ランキングサイト登録ポータブルサイト登録でアクセスアップ。
トラックバック
クローラーの通り道を作るトラックバック。
コメント廻り
ブログの基本テクニック。コメントまわりで被リンクとアクセスアップ。

トップページ ソフトの概要 Hp公開の方法 SEO対策基本編 アクセス解析 特典のご案内 購入者メルマガ お問い合せ